次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月17日(日) 12時半から14時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、7月8日(日)にも本稽古を行います。自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百七十一、崩す(片手捕) 大東流合気柔術東京稽古会  

相手の攻撃を受け止めつつ崩す身体操法です。
片手捕と両手捕の場合を、2回にわたって解説していきますよ。


崩す(片手捕)


前回(手刀詰)でも触れましたが、受け手側もしっかりと攻撃することが大事です。
そうすることでお互いに稽古の効果が上がりますから。

動画を見てください。





相手が片方の手首を握ってきます。
軽く身体を開くように捌きながら握られた側の手刀で相手を攻めます。
次に大きく身体を開いて、手刀を返します

身体を大きく開くことで、相手の倒れるスペースを作るんですね。
それとともに手刀を返すように動かすことで、相手の体勢が崩れます。
小手先だけを動かすのではなく、手刀全体を斬り払う意識が重要です。
手刀は腕全体であることをイメージしてください。
今回のポイントはここですよ。


崩す(片手捕)1


崩れたところで相手の肘をもう片方の手刀で斬り落とします。

前傾にならず、自分の足元に連れてくるような意識で行ってください。
自然と体勢が低くなるはずです。

肩を膝で押さえるようにして、止めを刺します。

動画の手本は、ほとんど身体を動かしていないように見えますが、実際にはあの動きで、攻撃線を外し肩を詰め大きく崩しをかけています。
それぞれの動きが小さすぎて分からないんですね。


崩す(片手捕)2


初心者のうちはああいう風にはなかなかいきません。
慌てなくてもいいので、最初は大きく確実に動かしていきましょう。

骨盤を安定させ、正しい姿勢を保ちながら、腰の動き、下半身の動きと連動させて下さい。
そうすることで、地面からの大きな力を相手に伝えます。それが精密に出来るようになるほど動きは小さくなっていきますから。
稽古しましょう!


Posted on 2018/02/09 Fri. 18:39 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  姿勢  攻撃線  中心  連動 
tb: 0   cm: 0

其の百七十、手首を鍛える 大東流合気柔術東京稽古会  


「手刀詰」で行う手首の鍛錬です。

大東流合気柔術の稽古では受けと捕りに分かれて2人で相対して行うことが多く、受け手も捕り手もそれぞれの課題を見つけながら修練します。


手首を鍛える1


この「手刀詰」では、受け手側の手首を伸ばすことを一つの目的にしています。

早速、動画を見てみましょう。





片手捕に捕ってきた相手の外側に捌きながら、手刀を擦り上げるようにして相手の手首の外側に回し、斬りこみます。

動画の中の言葉にあるように「相手の攻撃線を外し、自分の攻撃線に(相手を)入れる」ことが重要です。
これはどの技を行うときにも必須の基本動作ですね。

相手の手首を斬りこむときに陥りがちなのが、力任せに上から押さえつけることです。
これでは、手刀詰は効力を発揮しません。

しっかりと腕を伸ばすことを意識してください。



手首を鍛える2


この身体操作は、自分の正しい姿勢で行うことも重要です。
腕を伸ばそうとするときに前傾になってしまう人が多いのですが、そうすると上手く伝わっていきません。
丹田の力を相手に届けるような意識を持ちましょう。
下半身を沈め、骨盤を安定させた状態で行うと、大きなパワーが出ますよ。

さて、受け手側にも注意点があります。
まず相手の手首を握って、しっかりと中心に押し込むこと。
詰められたときの痛みを嫌って、ふんわり握ったり、腰を引いたりする人がいますが、それでは手首の鍛錬になりません。


手首を鍛える3


それに、攻撃が甘いと捕り手側も技が掛けにくいんですね。
初めのうちは痛いですが、不思議なものでやってるうちにだんだん慣れてきますよ(マヒしてくるともいいますが…)。


Posted on 2018/02/01 Thu. 10:30 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 姿勢  攻撃線 
tb: 0   cm: 0

其の百六十三、逆腕に捕る 大東流合気柔術 東京稽古会  



片手を捕られたとき、その手を逆腕捕で制します。
稽古会では何度も出てきている逆腕に捕るという身体操作ですね。

今回は捕り方の復習と、さらにプラスしてちょっとしたコツを解説していきます。


逆腕に捕る1


逆腕捕の主要な部分については繰り返しになりますが、その反復こそが稽古です。

動画を見て、確認していきましょう。





相手が片手の手首を握ってきます。
毎度のことですが、攻撃線を外すように捌いて手刀腕の外側から攻めます。

もう片方の手を上げ、相手の手首の小指丘の膨らんだ部分に、小指を引っかけるように当てます。
親指は相手の親指の付け根に当て、手の甲を包み込むように握ります。


逆腕に捕る2


「引っかける、包み込む」感覚はどちらも力任せに握りこむことを避けるためでした。
以前の動画解説を参照してください。
其の百三十、小指をかける」「其の百三十五、包む

こうしておいて、もう片方の手を添え、相手の肘を軽く曲げます
肘を動かなくする(ロックをかける)ことで、肩~腰へ力をダイレクトに伝えるための操作です。

刀で斬りこむように、やや相手の手首を前に倒します。
かなりの力が加わりますから、むやみに大きく押しこまないこと。手首の硬い人は怪我をしてしまうおそれがありますから。


逆腕に捕る4


手の力ではなく、身体全体で軽くお辞儀をするようにしてみましょう。
正しい姿勢と形で操作できていれば、相手はたまらず崩れます。

手首を逆腕に捕るときに、あわてて腕を伸ばすのではなく、自分の中心で両手を合わせるようにすることが上達の秘訣です。
手刀の動きを小手先で行うのではなく、身体全体で連動させます。

その時に重要なポイントですが…


逆腕に捕る3


ここに書いてしまうとあまりにアレなのでそこは稽古会で伝え
ますね。
道場でお待ちしてます!



Posted on 2017/12/08 Fri. 10:39 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 姿勢  手刀  中心  攻撃線  連動 
tb: 0   cm: 0

其の百六十二、肘を伸ばす 大東流合気柔術 東京稽古会  


前回まで、「肘を制する」というテーマで3つの型を取り上げてきました。

可動域の少ない肘関節の逆をとることで、相手に力を伝えやすくするというのがその本論でしたね。


肘を伸ばす3


今回はその補足です。
肘を伸ばすことによって、どう相手を崩すのか、その身体的構造を解説して行きたいと思います。

動画を見ましょう。





受け側の攻撃は片手捕です。
手首を握ってきた相手の外側から手刀をかけます

自分の親指(拇指丘を含みます)が相手の小指丘側に引っかかっている状態を作ってください。
この時出来るだけ密着させるように操作することが大事です。
そのために重要なのは…


肘を伸ばす2


そうです。
力をこめて握りこまないことでしたね。
「引っかける」操作に習熟すると、その意味がつかめてきますので、意識して稽古してください。

ただ、実際にこの身体操作法を稽古してみた人は感じたと思いますが、なかなか相手の身体が崩れるところまでには至らなかったはずです。

それは、「相手の肩から先しか動いていない」からです。


肘を伸ばす1


手刀を振ることによって、相手との接点となる手首が動く、これは当たり前です。
そこから、肘を経由して肩までは力を伝えやすい。
ただ、肩関節は肘とは違って可動域が大きいんです。背面以外、自由に動かせます。
ですから相手の中心部は崩れにくいんですね。


肘を伸ばす5


大事なことは、接点を通じて相手の脇腹(背中を含む)を伸ばさなければならない、ということ。
体側部の脇腹、背中が伸びると、相手の中心にまで力が伝達されます。
そうなって初めて、肘関節を伸ばして制していくという目的が達成されます。


肘を伸ばす4


そのためには、これまでにも何度も言ってきたように、捕り手側(技をかける方)が小手先で(肩から先の力で)操作しないことが必須になります。身体全体を連動して、手刀を操作してください。
そして、手首~肘~肩だけでなく脇腹から腰にかけて、相手の中心を攻める意識を持ちましょう。


Posted on 2017/11/30 Thu. 17:16 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 手刀  中心  連動  大東流  合気柔術 
tb: 0   cm: 0

其の百五十八、はさむ 大東流合気柔術 東京稽古会  

前回の「小手返」では、拇指丘に小指を引っかけて攻める操作法を解説しました。

今回も同じように拇指丘を攻めて相手を制します。
ただ、「引っかける」のではなく、「はさむ」んですね。


はさむ1


「引っかける」も「はさむ」も、基本的な考え方は同じです。いかに力を入れずに操作することが出来るか。相手を崩すために必要なのは、そこです。

動画を見てください。





片手捕に捕ってきた相手の手首を、手刀で外側から斬りこむようにします。
前回(「其の百五十七、小手をとる」)で解説したように、小手先を回すのではなく、身体の向きを変えて全身の連動で操作するんでしたよね。

上手く連動できると、相手にしっかりと力が伝わります。
すると、相手の掌は親指が下を向いた状態になっているはずです。

自分の手刀は斬り下げているので、小指丘側(刃の方)が下を向いた状態です。

この時に、親指以外の四指で、相手の拇指丘を挟みます
握るのではないですよ。四指と拇指丘とで、文字通り「はさむ」んです。


はさむ2


そのまま、相手の肩を詰める方向に腕を伸ばしていきます。
相手の肘を逆にとる形になりますから、相手はたまらずつま先立ちになります。

最初の手刀で斬りこむタイミングで、相手の腕が伸びるように当身を入れておけば、より効果的に肘を伸ばすことが出来ます。

相手がつま先立ちになったら、あとは簡単です。
肩を押さえるようにして、投げ落としましょう。


はさむ4


ここで親指を使って握りこまないのは、力が入ってしまう(屈筋を使ってしまう)からではないかと僕自身は解釈しています。

屈筋=大きい筋肉を使うとどうしても力任せになってしまい、力の伝達効率が悪くなります。また、力任せになると相手の抵抗心を呼び起こしてしまいます。
そのために、主に小指側の筋力を使って「はさむ」操作を行うのではないかと。
正直に言えばこの辺り、私も確信があって書いているわけではありませんが。

自分の解釈に自信が持てるようになるまで…修行せねば!

Posted on 2017/10/24 Tue. 10:57 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  当身 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top