次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 10月15日(日) 14時00分から16時00分まで
場所は BumB東京スポーツ文化館 柔道場  です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の九十七、裏落詳解 大東流合気柔術 東京稽古会  

毎度おなじみの「詳解」シリーズ。今回は「裏落」です。
相手の裏(後ろ)に体重移動して崩し、突き落とす技です。

動画を見てください。





受け手側(技をかけられる方)の攻撃は袖捕です。
肘のやや上あたりの胴着を掴んで、相手の体を押し込みます。

この攻撃が中途半端だと稽古になりません。しっかりと攻め込みましょう。


裏落詳解


袖捕を受けたら、捕手側(技をかける方)は相手に並ぶように側面に踏み込みます
この時に相手が捕りに来た手の袖口を掴みます。
手だけで捕りに行くのではなく、身体ごと進む方向に向きを変えることで相手の袖口が自然に手の中に入って来るようにします。

踏み込んだら、「寄せ足」をしてしっかりと体重移動。
当身を相手の腰に打ちます。
体重移動と当身で相手の体が崩れるように


裏落詳解2


さらに、当身を打った腕を伸ばしながら、相手の裏(後ろ)に踏み込みます。
この時気を付けるのは、相手の袖口をとった腕をゆるめないこと。
前傾にならず、正しい姿勢を取ることが秘訣です。
胸を張って、弓を引き絞るようなイメージを持つとうまくいきます。

相手の体勢の崩れを維持したまま「裏の三角点=相手のかかとを結んだ線を底辺とした三角形の頂点」に重心を移動します。
自分が相手の腰に当てている腕を、肩甲骨から回すようにします。


裏落詳解3


これを「腕(かいな)をかえす」といいます。外側を向いている掌が正反対の内側を向くように操作するのですが、先端を回すのではなく、先ほども書いたように肩甲骨の辺りから、付け根から「返していく」ことで効果を生みます。

これで、相手は立っているのがやっとという状態になっているはずです。
慌てずに、前方に礼をするように腰を折ります。
すると自然に相手は背中から落ちていきます。


裏落詳解4


倒れた相手の脇腹を伸ばすように腕を制し、膝でおさえ、止めを打ちます。
残心。

ここまでが、裏落の「一応の段取り」です。


裏落詳解5


何度も言うようですが、これはあくまで型の説明にすぎません。
この行間に、稽古の中で発見した「気付き」を無数に詰め込んでいくことが必要です。

次回はさらに、技のキレを増す秘訣を解説する予定です。
お楽しみに!


関連記事

Posted on 2016/04/16 Sat. 08:58 [edit]

category: 袖捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  手刀  古武術 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/99-6cd171fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top