次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月18日(日) 15時30分から17時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の九十六、沈んで止める 大東流合気柔術 東京稽古会  

大東流古武術ですから、その身体操作法には日本古来の身体の使い方や考え方が色濃く含まれています。


沈んで止める (2)


今回紹介する「沈む」という考え方も、その一つです。

動画を見ましょう。





相手の強い力を受けても、自分が押し込まれないようにするために、重心を下げます。
すると、自分の身体に向かって来ていた相手の力がその方向を変えて、下に向かいます。
相手は地面を押しているような感じになってしまい、力を効率的に伝えることが出来なくなります。

逆に自分の方は、地面と一緒に相手を押し返しているような感覚になります。
いわば地球を味方につけているようなものです。


沈んで止める2


農耕民族である日本人は、永年「重心を低くして動く」感覚を培ってきました。
今では相撲をとって遊ぶ人も少ないのでしょうが、「沈んで動く」ことは相撲の基本です。
現代人にとってはなじみが薄くなってしまった考え方ですが、幸いこうして古武術の中に保存されているのです。

ただ、重心はいつ下げても良いわけではなくて、相手と接触して、力がこちらに向かってきた瞬間に、「ググッ」と沈みこんでやるんです。

この呼吸は、実際に相手についてもらって稽古することでしか会得できません。
今回は腰を押されるという負荷のかけ方ですが、片手捕でも、正面打ちでも同じことです。


沈んで止める3


相手の力を受けた瞬間に、「沈む」呼吸を覚えることで、自分の体勢を一気に有利に転じ得ることを覚えておいてください。

そして毎日の稽古の中で、試してみましょう。

関連記事

Posted on 2016/04/12 Tue. 10:58 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  丹田 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/98-b93fa321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top