FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 10月14日(日) 15時半から17時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、11月23日(金)にも本稽古を行う予定です。自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の八十七、肘を攻める  

手で自分の肘の硬い部分を撫でまわすように触ってみてください。
ここが、相手を動けなくするポイントなんです。


肘を攻める2


前回(「其の八十六、肘を制する」)では、一本捕のときに相手の腕をどう無力化するかを解説しました。


今回は逆腕捕の場合の身体操作です。
動画を見てみましょう。





胸を掴まれたとき、相手の腕、肘の部分に下から拳をあてます。
すると、肘の関節が突起状になっているところがありますね。
ここに、ずれないように拳(握った指)をくっつけます。


肘を攻める


力任せに押し付けたり、腕の力に頼ると、ずれ易いです。
脇を締めて、からだ全体に相手の肘を「乗せる」ようにします。

相手は肘関節を逆に捕られていますから、腕を引き抜こうとします。
この時、上手く肘を捉えられていると、なかなか抜けません。


肘を攻める3


さらに自分の体勢を低くすると、肘を抑えられた相手はつま先立ちになり、かかとが浮き上がります。
こうなるともう、抵抗できません。
攻める部位と、角度によって簡単に相手を無力化できるんです。


肘を攻める5


「肘を攻める」と題しましたが、相手に当たっているのは握った拳の、ほんの先端だけです。
力も最小限しか必要ありません。むしろ力を抜くぐらいの方がかかりやすいと思ってください。


肘を攻める4


古武術の不思議な身体の使い方を、体験してみましょう。


関連記事

Posted on 2016/03/05 Sat. 09:05 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/88-092d7966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top