次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月18日(日) 15時30分から17時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の八十、手に入れる  

「手に入れる」といっても、「GET(入手する)」ではありません。


手に入れる7


正確に言うと、「手のひらの中に、相手が入ってくるまで手刀を動かす」です。
何のことだか余計わからなくなりましたかそうですか。

動画を見ましょう。





先生が言っているのは、「自分から相手の手首を掴みに行かない」ということです。

ではどうするか?
まずは、相手が自分を掴んでいることをひとまず忘れます。
それから自分の手刀を立て、斬り下ろすようにします。

そうすると、自然に相手の手首が自分の手の中に入ってくるのです。
入ってきたら、「仕方がないので」掴みます。そのまま斬り下ろしていくと、相手は倒れてくれます。


手に入れる6


「仕方がないので」掴むなどと書きましたが、半分冗談で、半分本当です。

以前「掴まれたところは、放っておく」という口伝を紹介したことがありました(「其の七十八、低く入る」)が、ここでもその教えが活きるんです。


手に入れる1


相手の攻撃を受けたところ、ここでは手首ですが、そこを振りほどこうとしたり、力を入れて抵抗を起こすと、力のぶつかり合いが起こります。

実際にやってみると分かりますが、そうなると膠着状態に陥ってしまい、技どころではありません。


手に入れる2


そうではなく、一旦掴まれたところを意識から外して「自分のやるべきこと」をまずやります。ここでは手刀を立てて斬り下ろすことです。

大東流では、無理矢理に相手をねじ伏せたり、力ずくで思い通りにさせることは尊ばれません。
それと悟られないうちに、自分の意識を相手に伝え、そのように動かしてしまっている状態が理想なのです。


手に入れる3


この身体操法は、その訓練になります。
体重移動や、肘の使い、足捌きなど、細かいことを言えば沢山のポイントが必要になる技法ですが、まずは「掴まれたところを意識の外に出す」という稽古をしてみましょう。

それなら、今日からでも出来るはずです。

関連記事

Posted on 2016/02/02 Tue. 12:01 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  からだ  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/81-af7fffc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top