次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月18日(日) 15時30分から17時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の七十五、縦に斬る(小手返)  


手首の関節の逆をとる技です。以前にも「短刀捕」として解説したことがありました。


縦に斬る6


今回は技を掛けられる方の訓練、つまり「手首の鍛錬」の一環ということで取り上げました。
とは言え、技をかける方の技術向上にもつながりますので、技のポイントを解説していきます。

動画を見ましょう。





捕られた片手を、手のひらを自分の顔に向けるように掲げます。
このとき相手の手が自分の手首をつかんでいるわけですから、当然、簡単にこの動きをさせてくれません(手を捕る方も、しっかり掴みましょう)。


20151229213549feb.jpg


そこでやってしまいがちなのが、無理やり相手の手を引っ張ったり、力づくで持ち上げたりすることです。
これまで何度も言ってきたように、「無理やり、力づく」は大東流合気柔術の技法としてはNGです。

相手の力の方向とぶつからないように、自分の身体を操作します。
簡単に言っていますが、実はここが一番難しいところです。お互いに、力のぶつかりどころを確かめ合いつつ、稽古しましょう。


20151229213550efc.jpg


コツは、手首を操作するのではなく、肘、肩、腰から先に動かしていくことです。
何の事だかわからない人は、次の稽古で試行錯誤してみて下さい。
そして先生の手を掴んで、技をかけられてみることをお勧めします。
からだを通して感じ取れる情報量というものは、実に豊かです。
聞くは一時の痛み、聞かざるは一生の後悔、です。


201512292135508b3.jpg




さて、この「小手返」でも、前回の「手刀の使い方」が活かされます。
相手の手の甲側にあてた手刀を、押すのでも引くのでもなく、伸ばすように斬りこみます。

ポイントは、手刀の当たっている部位、相手の手の指の付け根の部分(中手骨頭)を縦に斬りおろすことです。


20151229213547f69.jpg


斬り下ろす方向が斜めだったり、横向きだと、力はスムーズに伝わっていきません。

これも、自分の手刀を「剣」だとイメージすることで、実感しやすくなるはずです。


2015122921355188e.jpg


さて、昨年12月に第一回目を開催したこの東京稽古会ですが、あっという間に一年が過ぎました。
稽古を重ねる中で、武術としての大東流に魅力を感じてくれる人も増えてきました。
来年からはさらに充実した稽古会になりますよ。
新しい仲間も、いつでも歓迎しますので、どんどんアクセスしてくださいね。


関連記事

Posted on 2015/12/31 Thu. 00:02 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  からだ  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/76-f88d9173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top