次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 8月20日(日) 10時30分から12時30分まで
場所は BumB東京スポーツ文化館 柔道場  です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。




また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の七十四、乗りこえる  

大東流の技は、その大部分が手を使って行われます。
もちろん手先だけで技をかけるのではなく、からだ全体の力を「手を接点として、相手に伝えていく」と言い換えたほうが良いかも知れません。

乗りこえる3

ですから、手首の柔軟性が、とても大切です。

東京稽古会では、最初の基本稽古(準備体操のようなものです)の中で、手首の鍛錬として、柔軟性を高める運動を行っています。

乗りこえる5

この動きは「手刀詰」という技を応用して手首の鍛錬をするものです。
これまでにも何度か紹介したことがありましたね。(「其の二十九、手首の鍛錬(一)」「其の三十、手首の鍛錬(二)」

動画を見ましょう。



重要なことは、自分の手を剣のように使う意識です。
手刀の使い方を稽古したことを思い出しましょう(「其の三十三、手刀」)。

つかんできた相手の手首を攻めようとして、上から押さえつけるようにしてはいけません。
同じように何とか相手を動かそうとして引っ張ってもうまくいきません。

乗りこえる2

そうではなくて、相手の手首を乗り越えるようにして、手刀を伸ばします。
その後、指先を相手のヘソの辺りに向けます。この時もさらに指を伸ばすように。

先ほど「剣を使うように」と書きましたが、手刀を押さえつけるようにするのは、例えるならば魚の骨を断つような「出刃包丁」の使い方、引っぱるのは「のこぎり」のような使い方と言えるでしょうか?

乗りこえる1

どちらも、日本刀の扱いとしてはふさわしくないですよね。
日本刀をイメージして稽古することで、だんだんとコツがつかめてくるはずです。

新聞紙を丸めたものでも何でもよいので、長いものをもって、日本刀を握っていると想像しながら振り回してみましょう。

乗りこえる4

ちょっとカッコ悪いので、出来るだけ人のいないところでやってくださいね。


関連記事

Posted on 2015/12/22 Tue. 15:16 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  からだ  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/75-7904a44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top