次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 7月17日(月・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の六十六、肘を伸ばす  

相手の肘を伸ばして、逆関節をとることで制する技です。

この前に教わった動き(「其の六十三、腕を伸ばす」「其の六十四、前に斬る」)が、複合されて技となっています。

派手さはありませんが、かなり実戦的な動きと言えるでしょう。
動画を見てみます。





相手が胸倉をつかんできます。
その動きに逆らわず、そのまま相手の腕を伸ばしていきます。
自分の手で相手の手首を挟むようにします。先生の動きにあるように腕を直角に交差させています。


肘5


腕を伸ばさせると、小指が自然に上を向きます。すると、同じように肘も上向きになります。

この時、引っぱろうとしすぎないように。
自分の力が加わると、相手の腕は伸びにくくなります。


肘を伸ばす


そのまま、相手の手首を捕った自分の肘を、相手の肘に添わせるようにします。

極められた方は、身動きが取れません。逆らうと腕が折れそうな感覚に陥ります。
実際に、危険が伴いますので、練習の時にはしっかりと相手を見て、加減してくださいね。


肘3


ここでも、力任せに体重をかけたり、腕に力を籠めたりしては技になりません。
あくまで相手の動きに沿って、操作すること。

それともう一つ重要なのは、自分の中心で操作することです。
動画の中にもあったように、相手からそっぽを向いていると、うまくいきません。
それが、相手の方に向いた途端に、技は威力を発揮します。


肘


まさに「面白いように決まる」といった感じでしょうか。


関連記事

Posted on 2015/10/31 Sat. 07:30 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  実戦  中心 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/67-80fb5ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top