次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 10月15日(日) 14時00分から16時00分まで
場所は BumB東京スポーツ文化館 柔道場  です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の六十五、構える  


多くのスポーツで、相手に対するときに腰を落とし、ぐっと神経を集中する姿が見られます。
テニスでも、野球でも、相撲でもそうですね。
これを「構える」と言います。


構える2


今回の稽古は、相手に対する「構え」を修練しました。

大東流合気柔術は「無構え」といって、上級者になるほど構えなしで相手に対することを目指します。ただ、最初はしっかりと相手に対峙する基本を学ぶことが肝心です。

動画を見ましょう。





こぶしを握り、脇を締め、腰を落とします。
からだ全体で相手に向かい合うことで、技がかかります。


構える3


動画の中で先生が言われているように大事なことは「心構え」です。
「何だ精神論か」と思われるかもしれませんね。
私見ですが、自分の意識を相手に伝えることが大東流という古武術のそもそもの目的なのではないか、と私は考えています。


構える1


心構えをとる(意識する)ことがすなわち技として身体操作法に直結することを知るのは重要な稽古ですよ。


構える


それから、今回の「構える」に対応する動画として、過去記事「其の三十四、中心」があります。

そちらの方も、ぜひ参考にしてみてください。
関連記事

Posted on 2015/10/26 Mon. 08:33 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  からだ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/66-cd082617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top