次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 8月20日(日) 10時30分から12時30分まで
場所は BumB東京スポーツ文化館 柔道場  です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。




また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の六十四、前に斬る  

胸倉をつかみに来た相手の腕を制して、倒します。

これまでにも何度か解説しましたが(「其の四十一、横面打ち」など)、攻撃されるということは、仕掛ける相手の方が「自分の充分な体勢を失っている」と考えるのが大東流合気柔術の思考法です。


前に斬る3


そこで、こちらは自分の正しい姿勢を崩さずに敵を制します。
動画を見てみます。





相手は腕を伸ばしてこちらに攻撃を仕掛けます。
前足に荷重しているので前のめりです。

その動きに逆らわず、自分の前に斬り落とす、それだけです。


前に斬る5


ただその時に、自分の中心線上で腕を真っすぐに斬ることが必要です。
これまで積み重ねてきたことを覚えているでしょうか?

小手先(腕)の力だけでは、相手の体幹を崩すことは容易ではありません。
結果、無理をすることにつながり、自分の体勢を崩すことになってしまいます。


前に斬る1


丹田から発する力を手刀に伝えるためには、自分の身体の向きを修正して、腕を自分の中心で操作します。

先生が、「しゅっしゅぽっぽ」という言葉で例えたように、分かり易く言うと「脇を締めて、腕を前後に回転させる」あの動きです。


前に斬る4


童心に帰って、やってみましょう

関連記事

Posted on 2015/10/19 Mon. 07:10 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  からだ  姿勢  手刀  丹田 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/65-80fe1562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top