次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 9月18日(月・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の五十三、担ぐ  

大東流合気柔術では、相手を無力化し、抵抗できないようにしたうえで、自分の思うように動かす技があります。
「連行術」といいます。捕り物で犯人に縄をかけて「しょっ引いていく」アレです。

ただ、大東流では縄や手錠は使いません。


浦野 担ぐ


今回の技は、両手を捕って交差させ、肩に担ぎ上げて肘を極めます。
受ける方は腕の自由を奪われたうえ、痛みから逃れようと爪先立ちますから、全く力を出すことが出来ません。

相手の思うままに操られてしまいます。

技をかける方が、腕の力だけで相手を担ごうとしてはうまくいきません。

前回までの基本動作で習った、「すり足」「足捌き」「肘当投げ」の動きをしっかり行うことが大切です。


竹尾 担ぐ


動画の先生の動きをよく見ると、相手の前に足を進めるとき、手も同じ方向に動いていることがよくわかります。
技をかけられる方は、手首から肩までが一直線に伸ばされたようになり、爪先立っています。
この手と足の方向がバラバラだと、力はうまく伝わらず、肘は伸びていきません。




<「担ぐ」動画は上の画像をクリック!>


ここで先生が再三注意された「まっすぐに立つ」という意識ですが、これは以前習った「其の三十一、引っかける」で解説した動きを参考にしてください。
あの時も、身体が前傾したり、後傾したりせず、まっすぐな姿勢で腰の上に上体を載せたときに、驚くような技のかかり方をしたはずです。


担ぐ 杉本


過去の動画を見直してみると、技の秘訣を発見できるかも知れませんよ。






関連記事

Posted on 2015/08/10 Mon. 07:46 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 姿勢  大東流  合気柔術  古武術  からだ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/54-b0196448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top