次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 11月23日(木・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の五十一、肘当て投げ  

前回は「すり足」、前々回は「足捌き」と、二つの基本動作を解説してきました。
今回はこれらを応用して投げ技に発展させます。


肘当投 堤


片手を取りに来た相手の手を押さえるようにして前に出て、そのまま相手の肘に自分の腕をあてがうようにします。
すると相手は肘関節の逆を取られるかたちになり、自然に倒れます。

肘が当たった状態で投げるので、肘当て投げとしておきましょう。



<「肘当て投げ」動画は上の画像をクリック!>


正しい動きが出ると、あっけないほどスムーズに相手の体を動かすことが出来ます。

ここで重要なことは「なんば」の動きです(過去動画「其の二十、なんば」)。


肘当投 亜里沙


「足捌き」の時、相手の体に沿うようにして自分の足を進めました。
その時に、膝、腰、肩は同じ方向を向いて進んでいます。

これが「なんば」です。

足の向く方向と、上体の方向がバラバラだと、無駄な力が必要になり、今回のように自然と相手の体を操作することは出来ません。


肘当て 溝上


反対に、足の動きと上体の動きがしっかりと連動すると、腕の力はほとんどいりません。足の運びだけで相手は崩れていきます。

このように、古武術である大東流合気柔術は、基本の動作を複合して行うことで、精妙な技となっていきます。


関連記事

Posted on 2015/08/03 Mon. 21:21 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/52-1d906c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top