次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 8月20日(日) 10時30分から12時30分まで
場所は BumB東京スポーツ文化館 柔道場  です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。




また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の四十三、居捕逆腕捕(一)  

居捕とは、「受け」と「取り」双方が座って行う技のことです。

菊池 居捕逆腕1


以前の記事(「其の一、座り方」)で書いたように、大東流は武士が殿中で行うことを想定して作られた武術の体系でもあります。
自分が座った状態で攻撃を受けたとき、いかに相手を制するか。

動画を見てみましょう。



<「居捕逆腕捕(一)」動画は上の画像をクリック!>



この逆腕捕では、相手が胸倉をつかんで攻撃します。
取り(技をかける側)は、当然、次の攻撃があることを想定した対応をしなければなりません。
短刀で突いてくるかもしれないし、目つぶしを入れてくるかもしれません。


平尾 居捕逆腕1


そこで当身を入れます。相手の体勢を崩すためです(過去記事「其の六、当身」)。


なな子 居捕逆腕1



それも、手先だけで打つのではなく、全身の力を使わなければならない。
そのために重要なのが「寄せ足」です。

立っている時と違って、座りながら動くのですから不自由です。
だからこそ、片方の足を動かして位置を変えたら、必ずもう一方の足を追随させます。
そうすることで自分の正しい姿勢を保持し続けます。


居捕逆腕1


手を抜かず、動く(動かすのは足ですが)。ここが大事です。


関連記事

Posted on 2015/06/24 Wed. 17:04 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  当身 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/44-79b03331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top