次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 7月17日(月・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の三十九、正面打ち受けから当身  

相手が打ち込んできたのを受けたら、そのままじっとしていてはいけません。

堤 正面当身2

相手の攻撃に対応し、さらにその攻撃を利用さえして、
自分の有利な体勢に持っていくのが大東流合気柔術の考え方です。

つと 正面当身


そのために、相手に崩しをかけます。「当身」です。



<「正面打ちから当身」動画は上の画像をクリック!>


この稽古をするとき、よく誤解されやすいのですが、当身は「パンチ」ではありません。
当身については以前の記事「其の六、当身」でも解説しています。読んでみてください)


ゆみ 正面当身


手が届くまで接近する、あるいは腰を切ることによって、「姿勢の力」で相手を崩します。


亜里沙 正面当身


それから、せっかく崩れた相手の体勢を戻してしまわないように。
そのためにも自分の姿勢を保ち続けることが大切です。


アンナ 正面当身


動画にある先生の動きから、そこを感じてもらえたらと思います。

関連記事

Posted on 2015/06/08 Mon. 21:46 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  当身  姿勢 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/40-782bd860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top