次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 8月20日(日) 10時30分から12時30分まで
場所は BumB東京スポーツ文化館 柔道場  です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。




また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の二十四、ついていく  

肩を掴みに来た相手の腕を、まっすぐ下に落とします。肘を固定するように詰めながら、身体を開いて相手を崩します。

肘伸ばし

相手の動きをよく見て、無理することなくそれに追随するようにします。
自分の姿勢は保ったまま、決して手先で相手を操作しないこと。全身を一体化させて相手の動きについていくと、相手は自然と崩れていく、不思議な身体操法です。


<「ついていく」の動画は上の画像をクリック!>

この日の稽古会、個人的にはこの動きが一番面白くて興味深いものでした。
言い換えると一番難しかったんです。
だからこそ出来るようになりたい!と思えるものでした。

試行錯誤しながら思ったのは「掴みに来る相手の動きを利用して、手を下に落とす」。相手と呼吸を合わせるというか、相手の呼吸を外して引っ張り込むというか。
(そのためにここでは「掛け手」という技法を使っているのですが、長くなるのでまた後日書きます)
結局、稽古時間内にはピンとくるところまではいけませんでした。

後日先生にお聞きしたところでは「小指の遣い」が重要だそうです。また、あくまでも「相手の動きをよく見て、ついていくことが大事」とも言われました。
うーん、わからん。でも何時かはモノにしたいと思ってますよ。

そういう風に、自分の理解や身体感覚を超えるものに挑戦して克服していくなんてことは、日々生きていくなかで滅多に出会えないものです。
大東流の稽古をする、その醍醐味がここにあります。


Posted on 2015/04/22 Wed. 20:26 [edit]

category: 両肩捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  掛け手   
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top