FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 10月14日(日) 15時半から17時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、11月23日(金)にも本稽古を行う予定です。自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百九十九、捌いて捕る 大東流合気柔術 東京稽古会  


相手との接点を利用して崩しをかけていくのが、大東流合気柔術の基本的な考え方ですが、効果的にそれを行うためには、この武術独特の身体運用法を修得しなければいけません。


捌いて捕る3


今回解説するのは、体捌きによる力の伝達法です。
もちろんこの方法の中に、他の考え方が数多く入っていて、それらすべての複合が出来た時に技として機能していくんですが。

最初から難しいことを言っていても、めんどくさいだけですので、動画を見ましょうか。





相手に両手を捕られます。
すかさず片側の手刀を立て、相手の手首を外側から斬りこむように操作します。

このときに大事なのが、足捌きと連動した全身の動きです。

試しに肩から先の腕だけを回して手刀を動かしてみてください。
相手の腕は動くかもしれませんが、それだけです。また、力づくで手刀を動かすこととなり、相手の抵抗を受けてしまうでしょう。


捌いて捕る1


しっかりと足を動かし、腰の動きと手刀連動させると、相手の肩が動きます。
片方で肩を詰めたら、続いて反対側の手刀も同じように操作してください。

相手の両肩が詰まり、自然と相手の手の小指丘側が取れる位置に入ってきます。


捌いて捕る2


相手の小指丘を引っかけるように捕りながら、さらに相手に並ぶように捌きます。
同時に、もう一度反対の手で相手の小指丘を挟むようにつかみます。

この捕り方を「三ヶ条」の掴み方と言います。
相手の尺骨側の筋を伸ばし、極めてしまって自由を奪います。


捌いて捕る4


こうなったらストンと落とすように崩して、制します。

一見複雑に見える操作ですが、大事なことは手先の動きではなく、身体全体を使って動くことです。
まずはそこから、はじめて見ましょうヽ(´∀`)ノ



関連記事

Posted on 2018/08/23 Thu. 18:53 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  連動 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/204-4e74bda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top