FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 11月23日(金・祝) 15時半から17時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、12月16日(日)にも本稽古を行う予定です。自主稽古は随時開催しています。
(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加可能です)詳細はお問い合わせください

其の百七十五、突きこむ 大東流合気柔術東京稽古会  

今回は、「力を作用させる」ということに視点をおいて、身体操法の解説をしていきます。
この「力の作用」で相手との接点を制し、身体全体を崩していきます


突きこむ1


普通に考えれば、相手に強い力を与えることでその結果を得ようというのが自然ですが、大東流合気柔術ではそういう思考法はとりません。

動画を見てください。





相手が片方の手首を掴んできます。
いつも言うように、これは次の攻撃のための準備のようなものです。
つまり、もう片方の手で突くなり、斬るなり、別の攻撃を意図していると考えないといけません。

そのために攻撃線を外す捌きを入れます。
同時に手刀を使って相手の拇指丘に斬りこみましょう。手刀は縦に使うことが肝心ですよ。


突きこむ3


手刀で斬りこむことで、相手の手首が掌に入ってきますので、素直に握りこみましょう。
この時、両手で相手の小手を捕ります。ちょうど刀を中段に構えるような要領ですね。
そのまま、身体全体で突きこむように前に出ます。

先ほど言った通り、相手の二次攻撃を警戒しなければいけませんから、突きこむ方向は相手の自由な腕を封じる方向となります。
この操作で、相手は大きく崩れるはずです。


突きこむ2


さて、ここからの操作が「力の作用」に関わります。
今、相手の小手を刀の柄に見立てて両手で握っています。
柄の延長上には相手の肘があります。この肘を床につけていくように操作するんです。

まさに刀で斬り下げるようなイメージですが、この時、手前の手を支点にして、奥の手の方のみを動かす意識で操作します。
この時、腕力はさほど必要としません。むしろ、両手の力のバランスの違いの方が重要です。ちょうど、刀を振るときのように。
相手の小手(橈骨と尺骨で構成され部分)には関節がありませんから、この「てこ」のような使い方が相手に大きな力となって伝わるんですね。


突きこむ4


これも大東流の基本原理である剣の理合い」の一つです。
非常にわかりやすい動きですので、何度も繰り返して稽古することをお勧めします!

関連記事

Posted on 2018/03/08 Thu. 19:10 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  攻撃線  剣の理合 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/179-bb8767cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top