FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 8月26日(日) 11時半から13時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、9月2日(日)にも本稽古を行います。自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百六十九、上下に分ける 大東流合気柔術 東京稽古会  



今回はちょっと遊びの要素を入れて稽古してみましょう。

大東流合気柔術は人の骨格、筋肉の配置などを利用して固めたり制したりする技術の体系だと以前に書いたことがあります。
その昔、武術者たちが死刑囚の腑分け(解剖)に立ち会い、人体の構造を研究して技を完成させていったと言う伝説もあります。戦国とか、江戸時代の話ですね。

古武術とはまさに戦闘のための、殺人技術をルーツに持つことをほうふつとさせる話ではあります。


上下


とまあ、おどろおどろしいムードで始めましたが、やってることはいたってのんきな身体操法です。

腕、肩の関節の特徴を利用して相手を思い通りに動かしていくんですね。

動画を見てください。





胸捕に来た相手の腕を手刀でとらえます。
横に払うのではなく、手刀をやや前に出すようにしてください。
大事なことは、毎度言うことですが小手先でやらないこと。自分の中心で操作します。

これで相手の肩が詰まりました。

次に、もう片方の腕を捕ります。
これも力で握りこんで引っ張るのではなく、手刀を絡みつけるように操作するのが理想です。
握るのであっても、力をこめず、軽く引っかけるようにしましょう。


上下2


両方の腕を捉えたら、これを上下に分けるように動かします。
自分の中心を意識して、両方の手刀を縦に操作してください。

相手の両腕は肩の部分で詰められています。鎖骨側に寄せられている感じですね。
身体の構造上、それ以上には曲がりません
でもどんどん力が加わって来るので…しょうがなくなって、からだをひっくり返してしまいます。

今度は肩甲骨の方に腕が寄せられます。
こっちでも、肩関節はある程度以上には曲げられません
しょうがないので、上に上に逃げる…。
結局、爪先立ちになって自由が奪われる、というハメに陥るんですね。


上下1


こういう考え方は、他の型でも随所に使われています。
自分の中心で操作すること、縦に動かすこと、柔らかく、力を入れずに…いつも同じことばかり言ってますが。

稽古に行き詰ったら、息抜きにやってみてください。


関連記事

Posted on 2018/01/24 Wed. 11:05 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/173-21aa0b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top