次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 9月18日(月・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百五十二、くっつける 大東流合気柔術 東京稽古会  


相手が攻撃してくる動きを受けて、反対に自分の思う通りに相手を動かしてしまう、そんな身体操作法です。


くっつける4


何を言ってるかわかりませんよね。
私も、今回のブログをどう書き出そうか、小一時間悩みましたが、結局こんな訳の分からないものになってしまいました。

難易度高いんです、この動きは。
とにかく動画を見ましょう。





両手首を捕りに来た相手の力を、身体の中心、腰で受け止めます
肩から先の力で止めてはいけませんよ。動きが硬くなってしまいます。

指先を柔らかく開き、手の甲を相手の掌に密着させるようにします。
そして、相手の首元に力の方向が向くようにします。ちょうど刀を構えるような意識ですね。

相手の肩が詰まったら、その状態を維持しながら、両腕の下をくぐるようにします。
すると、相手の腕は交叉して、自ら絡みつくようになります。さらに肩の詰まりがきつくなり、身動きが取れなくなります。
ここまで出来れば、前に投げるなり、後ろに倒すなり、好きなように操ることが出来ます。


くっつける2


正直に言うと、まだ私はこの操作法を自分のものに出来てません。
相手によって、出来るときもあれば出来ないときもある、そんな感じです。

目下修行中の身で解説などおこがましいのですが、自身の修養も兼ねて、ポイントを整理してみます。

まずは、相手の掌に自分の手の甲を密着させること。掌の膨らんだ部分を攻めるような意識で行います。力が常に相手の方に向いていることも大事です。


くっつける3


次に相手の肩を詰めた時、力のバランスを崩さないように動くこと。
そのためにしっかり相手を自分の身体の中心、つまり腰に乗せることが出来ているかどうか、が大事なんです。

どうしても、密着させることを意識するあまり、手首を動かして相手との接点をコントロールしがちです。そうすると、接点は「切れて」しまいます。


くっつける1


言葉で書くのは簡単ですが、これを実際に行うことは非常に困難です。
そこに挑むためにも、稽古しなくては!



関連記事

Posted on 2017/08/23 Wed. 15:42 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/156-4c2f4fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top