FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 11月23日(金・祝) 15時半から17時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、12月16日(日)にも本稽古を行う予定です。自主稽古は随時開催しています。
(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加可能です)詳細はお問い合わせください

其の百五十、手をとる 大東流合気柔術 東京稽古会  


相対稽古による基礎鍛錬法です。

相手の手首を捕って詰める側は、言うまでもなく握る際の身体の使い方を鍛錬します。
一方、捕られて詰められる側も、手首の鍛錬になります。痛いけど


肩を詰める3


立って行うことも多いのですが今回は双方座って行います(居捕)。

動画を見てください。





小指から締めるように相手の手首を捕ります。
相手の肩先を剣の切っ先に見立てて中段に構えるように腕を伸ばします。
自然と、腕の動きは中心に絞り込むようになりますよね。

この時に、相手の肘が伸びて、手首から肩までが一直線になっていることが大事です。
そうすることで、相手の肩を詰めていきます。


肩を詰める1


最初のうちは、手首にばかり力が入ってしまいます。
何とか力づくで相手を持ち上げようとしてしまうんですね。
恥をしのんで言いますが、私は今でも体格差のある(大きい)人と稽古すると、そうなってしまう傾向があります。
そうすると、なおさら相手には力が伝わりづらくなっていくんです。

しっかりと相手の重心の下に入りましょう。
足の上に重みを乗せるようにすることがコツです。

感じがつかめてきたら、人差し指の付け根を相手の尺骨に張り付けるように意識してみてください。手首関節のくびれに親指がしっかりかかっていることが必要です。
ただし、あまりこのことに拘りすぎると、余計な力が入ってしまうので注意すること。


肩を詰める2


この鍛錬、立ってやると、身体を動かすことが比較的容易ですが、居捕の場合にはより微妙で精細な重心の移動が必要になります。
少し難しくなるんですね。
確かに痛いのですが、いたずらに嫌がらず、お互いに研究する気持ちで相手を導いてやりましょう
そうすることで、自分自身も力を発揮する筋道を意識しやすくなりますよ。


関連記事

Posted on 2017/07/29 Sat. 16:49 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  丹田 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/154-ecb88e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top