次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 11月23日(木・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百三十五、包む  


相手の手首を捕る操作方法です。
逆腕捕の際に、この方法をマスターしておけば、見違えるように技がかかりやすくなりますよ。


包む4


ポイントは、力を入れて握りこまないことです。
このところいつもこの言葉を言っているような気がしますが、それは大東流において「力づくで操作しない」ということがいかに大事かということを表しています。

前置きはこのくらいにして、動画を見てみましょう。





お互いに向かい合って、受け側が腕を伸ばします。
捕り手は相手の手の甲に自分の掌を同じ向きに重ね合わせます。
逆腕捕の掴み方ですね。

相手の小指丘の付け根、少し膨らんだところに自分の小指を引っかけます
親指以外の四指で小指丘を、親指で相手の親指の外側を持ち、挟み込むようにします。

この時、相手の手を握りつぶすようにしたり、手首を曲げようとしてしまいがちです。
慣れないうちは、皆必ずそうなってしまいます。

不思議なことに、そうすると技はかからないんですね。


包む3


動画にあるように、四指と親指で相手の手の甲を「包む」ようにします。
力を入れて握ってはいけません。
その代わりに、包んだ手の形を、しっかりと維持するんです。

私自身は、このことを「手で籠(ケース)を作るように」と表現しています。

手の形を変えない(維持する)というのは、案外力を必要としません。
それでいて、相手には驚くほど力が伝わります。
逆に力をこめて握ると、接点から力が逃げていってしまうんですね。
上手く表現できませんが、稽古を続けていくうちに体験的に理解できます。


包む1


さらに、相手の手を包んだあとに、身体の中心で手を斬り落とすようにします。
ちょうど相手の手首を刀の柄に見立てて斬るような意識です。

横や斜めに動かすのではなく、縦に斬ることがとても重要ですよ。
そうすることで、自分の力を効率よく相手に伝えることが出来ます。


包む2


今回の操作法は、逆腕捕を上達させる秘訣ですが、その他の型にも応用が効く重要な考え方です。
正直、ここで公開していいものかと思うくらいの内容ですが。

稽古会では、さらに深いところまで研究していますので、興味のある方は是非参加してみてくださいね。


関連記事

Posted on 2017/01/22 Sun. 09:12 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  手刀  姿勢 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/139-d168428f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top