次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月18日(日) 15時30分から17時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百三十一、親指を使う(肘返)  


小指の次は、親指です。
前にも解説したことのある「肘返」という型ですね。(其の百一、肘返)


親指を使う2


このところ何回かの動画を見た人はお気づきと思いますが、この日の稽古会は隣の会場に女性ダンスチームの練習が入っていて、その黄色い声と音楽が響き渡っていました。
さらに悪いことにワイヤレスマイクの準備を忘れてしまって・・・。

先生の声はとても聞き取りにくいんですが。
動画を見ましょう。





双方座った状態で、相手が胸を捕りに来ます。

その手首を胸と親指で挟みます。この時に、親指の付け根をつかいます。
もっと詳しく言うと、「母指丘の手の甲側」でしょうか?
輪ゴムを指にひっかけてゴム鉄砲を打つとき、親指を立てるようにして張りますよね。
あの感じで、胸に引き付けるんです。

「小指をかける」でも解説したように、ここでも親指の力だけで押さえつけても、そこで発揮できる力はたかが知れています。

そうではなく、腕全体を使って、脇をしめるような感じで引き付けましょう。
この「引き付ける」動きになれると、かなり大きな力が出せます。


親指を使う


さて、相手の手首を自分の胸に固定できたら、そのまま身体を捌きます。
身体全体で動くことで、相手にはより強い力が伝わります。

そして当て身。全身で出ましょう。
もちろん胸に引き付けている手首も同時に動かしますから、相手は後ろに崩れます。

さらに、当て身を入れた手も同様にして、親指の付け根を相手の肘裏に当てます
手先の力ではなく、腕全体で引き付けるようにしてくださいね。

これで、相手の小手(肘~手首)には強烈なロックがかかります。「詰める」といった方が分かりやすいかな?



親指を使う3


さらに相手の側面に膝行して入り身。
この時にやや体勢を低く入ってください。すると、相手の手首から肘にかけて上方に突き上げるような力が加わります。

たまらず相手が腰を浮かせたところを、身体を転換して、投げます。


親指を使う1


「引き付ける」動き。どうでしたか?
上手くできるようになると、それほどの力を出さなくても、相手にはものすごいパワーで伝わります。

大東流合気柔術の面白い身体の使い方です。


関連記事

Posted on 2016/12/03 Sat. 09:11 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  手刀  古武術 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/135-b87afc84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top