次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 9月18日(月・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百十六、千鳥足(一) 大東流合気柔術 東京稽古会  

「其の百十五、腰車」の回で出てきた身体操作法「千鳥足」を使った動きです。
今回から、二度にわたって解説していきます。

千鳥一2


そもそも千鳥足って、酔っぱらった人がフラフラ歩いている様子を表すのに使ったりする言葉ですよね。
干潟や浜で、鳥の足跡がいろんな方向についているのを見たこと、あるでしょ。
あんな風に、秩序なく入り乱れて歩いているイメージが一般的な「千鳥足」です。

でも、古武術である大東流合気柔術でのこの言葉の使い方は、ちょっと違うんです。


まずは動画を見てください。





普通の歩行なら進む方向にまっすぐ向いている足のつま先が、大きく外側に向くことで、身体の中心が外側に開きます。
足を大きく踏み変えることなく身体の向きを変えることが出来るんですね。

これが、「千鳥足」が生む効果です。


千鳥一


今回は、相手の両手首を捕って、相手の体を動かします。
その時つま先の方向を外側に向けることで身体の(中心の)向きを変えます

手だけを使って動かしても、相手の身体は動きません。
これまで何度もやってきたように、全身が連動することが必要になります。


千鳥一3


相手の肩が詰まって、身体が浮き上がったら、足を進めて前に出ます。
両腕を肩に担ぐようにして、体勢を低くしながら斬り落とします。

「足を進めて前に出る」と書きましたが、下半身だけが先行するようになると、自分の体勢が崩れてしまいます。


千鳥一4


大事なのは「全身を連動させる」こと
同じことを何度も書いてクドいようですが、これが出来たら、びっくりするほど上達しますから。

いやホンマに。

関連記事

Posted on 2016/08/10 Wed. 10:16 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/120-8a5fa22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top