次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月18日(日) 15時30分から17時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百十五、腰車 大東流合気柔術 東京稽古会  


初伝一ヶ条の型、腰車です。

掴んできた相手を身体を開いて崩し、腰に乗せるようにして投げ、倒します
新しい身体の操作法がいくつか出てきているので、初めての人には戸惑いがあったかも知れませんね。


腰車1


これ、恒例の「詳解」シリーズに入れようかと思ったんですが、稽古の様子を見ていると少し難易度が高そうに見えました。
なのでまた、機会を改めて「詳解」しますね。

動画を見てみましょう。





受け側の攻撃は「衣紋締(えもんじめ)」
相手の奥襟と前襟をそれぞれ掴んで、押し込むようにして頸動脈を締めます。

分かりづらいですか?
もう少し詳しく説明しましょう。

奥襟をつかんだ方(上の手)の足を前に出して体重をかけ、肘を張ります。小手が相手の首に密着します。
同時に前襟をつかんだ方(下の手)を、上の手とクロスするように引きます。すると、前襟も引っ張られて、相手の首が小手と襟の両方で締まるんです。


腰車2


捕り手側も、ボーっとしていては死んでしまいますので、自分の顎を相手の小手に当てて、頸動脈を守ります。
顎を当てたまま、それとは反対の方へ身体を捌いて、締めてくる力を逃がします。

次に身体を開きます。
この時に使うのが「千鳥足(ちどりあし)」という操作法です。


腰車6


右足を一足分前に進めて、かかとを支点にして外側につま先を向けます。
向けると同時に、つま先と同じ方向に身体の中心を向けます

腰が大きく回転するのが分かりますか?

「千鳥足」という言葉に惑わされて、足先を動かす操作法だと思ってはいけません
でも、ほとんどの人はそう勘違いするんですね。
無理もないと思います。

だってこんな動き、普通に生活してたら絶対出てこんもん!


腰車4


さて、千鳥足で身体を開く操作を行ったら、相手は体勢を大きく崩しているはずです。
この時に、襟をつかんできている相手の両肘を、腰の動きに合わせて上下に分けるように導いてやります

ここも、腕力で力任せに押し広げようとしないでください。
軽く手刀をあてて、「導く」ように動かせば十分です。その方が相手の崩れは大きくなります。


腰車5


そのまま一歩前に出ると、自然と相手の腰が自分の腰のあたりにあるはずです。
180度体を転換しつつ、手刀を斬り下ろすようにすると、相手は腰の上を転がるようにして、倒れていきます。

この時の様子が、腰を車輪が通るように転がるので「腰車」と言いま・・・いや、知らんけど。


関連記事

Posted on 2016/08/03 Wed. 10:10 [edit]

category: 衣紋締

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  古武術  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/119-ac3b8434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top