次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 7月17日(月・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百五、四方投げ 大東流合気柔術 東京稽古会  

大東流合気柔術の数ある型の中でも、割と有名な技「四方投げ」です。

どうして有名なのか、ちょっと考えてみたのですが、やっぱり合気道の技になっているからでしょうか・・・。
合気道のほうも元々は大東流の四方投げから派生していったものだと思うんですが。まあ、あちらの方が大分メジャーですからね。


四方投げ5


この「四方投げ」は、剣を使う動きが分かりやすく含まれていて、それも大東流の代表的な技たらしめている所以でしょう。
今回も、先生が剣を使った「四方投げ」の考え方を動画の中で解説してくれています。

早速動画を見てみましょう。





両手捕りで押してくる相手を、「手を開いて」止めます。(「其の百二、手を開く」)。
自分の手を手刀に見立て、相手に切っ先を向けるようにして前に出ます。この時、斜めに剣を突き出すようにします(「其の百三、連動する(一)」)。

前に進めた足に、残った足を「寄せ足」して、さらに一歩進みます。身体の中心に手刀を構えつつ出ることで、相手の体は大きく崩れているはずです。(「其の百四、連動する(二)」)。


四方投げ2


あざとく過去記事のリンクを貼りつけているのでもうお分かりと思いますが、四方投げの殆どの部分は、ここ何回か解説した身体操作法をマスターすれば出来るようになります。
一言でいってしまえば、身体の動きと相手と接触している手の動きを連動させることです。これがすべてと言っても過言ではありません。

と、ここで終わるわけにはいきませんので、型の解説を続けますが。


四方投げ1


相手との接点となっている手刀を前に構えつつ、相手の裏に足をすすめました。
手刀を摺り上げるように振りかぶりながら、180度身体を転換します。
あわてる必要はありません。自分の元いた方向に、しっかり振り返るイメージです。

この時も、剣を構えた(と仮定した)手刀は、自分の正面、中心にあります。全身が連動しているわけですから当然ですよね。


四方投げ6


でも、それがなかなか上手くいかない・・・分かります。
どうしても、相手に握られているところに「こだわって」しまって力が入るんですよ。
そうすると、連動が崩れて腕が残ってしまいがちになります。
ここを克服するにはやはり稽古しかありません。

剣を振りかぶって身体を転換すると相手は腰を折られるような形になってつま先立ちしている状態です。
こうなったら、構えた剣を振り下ろすように手刀を斬り下げるだけです。


四方投げ7


この一連の流れを剣の動きだけで抽出してみると、

中段に構えた剣で、相手の胴を斬る。
相手とすれ違いざまに、振り返って後ろにいる敵に向かい、剣を斬り下ろす。

これだけです。
どうですか?「四方投げ」って、言ってみれば、これだけをやる技なんです。

四方投げ3


面白いでしょ。次の稽古で試してみてください。


関連記事

Posted on 2016/05/23 Mon. 09:28 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/107-a0913cc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top