次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月18日(日) 15時30分から17時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百三、連動する(一) 大東流合気柔術 東京稽古会  

前回は、両手を捕られたとき、それに対処する方法を解説しました。(其の百二、手を開く)。
手のひらを開き、指を立てて相手の攻撃を止めるまででしたね。


連動3


次は、止めた相手の体を操作して崩す方法です。

動画を見ましょう。





手首を持っている相手の攻撃を止めたら、その手のつながりを維持したまま自分の腕を交差させます。
すると、当然ですが相手の腕も交差しますね。
こうすることで相手の肩を詰めます。
試しに自分の肩を内側にすぼめて、鎖骨に向かって寄せるようにしてみてください。
上半身の自由が利かなくなるように感じるはずです。この状態を作ります。

続いて交差した手の指先を相手の中心に向けます。
手刀の切っ先を相手の脇、あるいは喉元に向けるような意識です。
こうすることで相手はさらに肩が詰まります。


連動2


そこから刀を斜め前に斬り込むように突き出します。
重要なのは、手だけで斬ろうとしないこと。

足の踏み出し、腰の動き、手刀を操作する腕の突き出し、すべてを連動させます。
これらを合致させることで、相手の体を中心から動かすことが出来ます。

動画にあるように、手だけを動かしたのでは、相手の肩から先が動くだけです。
それではちゃんと崩すことにはなりません。


連動1


相手との接触点を動かす時には、その部分だけでなく、自分の体の動きを全部連動させることが非常に重要です。

言葉にすれば単純なことですが、実はすべての技に通じる、大東流の根本思想と言っても良いでしょう。

関連記事

Posted on 2016/05/12 Thu. 10:46 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/105-95e33fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top