次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 7月17日(月・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百二、手を開く 大東流合気柔術 東京稽古会  

相手が両手を封じるように掴んできます。
手首の関節に親指をかけ、小指を締めるようにして握り、押し込まれます。


手を開く2


こうなると攻撃を受けた方は肩を詰められたようになり、上半身の自由が利かない状態になってしまいます。

その状況を打開するために必要なのが、今回解説する「指を開く」です。

動画を見ましょう。





相手が押し込んでくる力を身体の中心で受け止めます。
この時、膝をゆるめやや低い体勢をとります。

同時に手のひらを開き、指を張ります。指の先が数cm伸びた、とイメージすると良いかもしれません。
気をつけなければいけないのが、指を張ることに意識が行き過ぎて、かえって手首から先に力みが生じてガチガチになること。私は今でもそうなることがあります・・・。


手を開く1


力みなく手を開くことが出来たら、そのままの流れで指をやや上に立てます。
相手の喉の辺りに、剣の切っ先を向けるようなイメージです。これを手刀で行います。

上手くやると、相手の肩が詰まり、爪先立ちにすることが出来ます。
こうなれば、一気に自分に有利になります。


ただ、言葉で言うほど簡単ではありません。
一度やってみると分かりますが、相手ががむしゃらに押してくるのに対して、力まずに対応するのは至難の業です
やっぱり人間ですからね。どうしてもムキになってしまいます。


手を開く3


落ち着きはらった「達人」然としたたたずまいでいるために・・・。
稽古しましょう。


関連記事

Posted on 2016/05/07 Sat. 10:13 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  からだ  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daitouryu.blog.fc2.com/tb.php/104-32bf1738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top