次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月18日(日) 15時30分から17時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の三、力を抜く  

「力を抜く」というのは、初心者の頃どうしても実感しづらい教えでした。ただ単に「筋力を使わない」と捉えると、本当にフニャフニャになってしまい、技どころではありません。

四苦八苦しているとき「力を入れるんやない、力は出すもんです」と教えられ、ハッとしました。実際に出来る出来ないは別ですが、感覚として「力を出そう」という稽古をするようになってからは、以前ほど苦しまずに身体を使えている(気がします)。




また、この動画で先生がされているように「力を抜く」ためには、身体を柔らかく使うことが大事です。掴ませた部位をこわばらせず、腕、肩を縄のように使うこと。先生の受けをとるとその操作法を理解はできるのですが、実践するのは至難の業です。

稽古することだけが、その目標に近づく手段です。

Posted on 2015/03/31 Tue. 21:14 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: からだ 
tb: 0   cm: 0

其の二、立ち方  

正しい座り方で作った盤石の姿勢は、立ち上がってもそのままです。

両眼の間の「上丹田」、胸の中央に「中丹田」、臍の下に「下丹田」、自分の身体にこの3つのエネルギー源を仮定するだけでも感覚が変わってきます。

丹田を開く意識を持って、上半身を腰の上に乗せるように立ち上がります。この時、首、肩、背中に力みはなく、脱力しています。この状態を保ち、あらゆる状況にこの姿勢のまま対処できる術者が、達人と呼ばれる方々でしょう。




実際には、ちょっとした刺激や心のゆるみで姿勢を崩し、丹田の意識は消えてしまいますが、気付いた時に正しい姿勢を取り戻そうとするのも立派な修行のはずです。

私自身、そう自分に言い聞かせています。

Posted on 2015/03/30 Mon. 21:33 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

其の一、 座る  

正しい座り方とはどういうものでしょう?
座り方に、「正しい」「正しくない」があるとおもいますか?

古武術の世界では、あるのです。




会津松平藩の御式内(武士が城中でのみ行った武術)を源流とする大東流では、
座った状態で、しかも無腰(素手)で敵の攻撃を無力化する技法を発達させました。
そのため、武士の座り方である「正座」を、いつでも戦闘に入れるよう
臨戦態勢の状態と規定したのです。

「正座」は比較的新しい時代、江戸期以降に一般化した座り方だそうです。
また、日常的にこのような座り方をするのは、日本にしかない文化でした。
そのこと自体、「正座」というものが貴重な身体操作法だと、私には思えます。

正しい座り方「正座」を、武術的な観点から、初めての方にもわかりやすく解説します。

Posted on 2015/03/23 Mon. 21:54 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tb: --   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top