次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月18日(日) 15時30分から17時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百三十七、添わせる  



相手が攻めてきたとき、その攻撃線を外し、手首を通じて崩す身体操作です。
一見すると、相手の肘を極めて制しているように見えますが、そうではありません。


添わせる2


この、「パッと見たところと違う場所を攻める」というのは、古武術である大東流の特徴だと、私は思っています。
昔の武芸者は技の本質を見破られれば即、死につながりますから、そこを隠そうという智慧の名残ともいえるでしょう。

まずは動画を見てみましょう。





受け手側の攻撃は胸捕です。胸倉を片手で掴みにきます。
慣れてきたら、上段突きを捌くようにすると、さらに動きのコツをつかみやすくなります。

さて、相手の力は自分の胸に向かって真っすぐにやってきます。
これをそのままの体勢で立っていると、まともに相手の攻撃を受けることになります。
また、胸を掴まれた後に来る、次の攻撃にも対応しなければなりません。

そこで、身体を相手の外側に捌きます。
攻撃線を外すことで相手の力を逃がすんですね。


添わせる1


この時、上半身だけを動かしてしまいがちですが、しっかり足を動かして身体全体で捌いてください

重要なのは、攻撃線を外そうとして相手から大きく離れてしまうのではなく、相手の腕に添うようにして捌くことです。
そうすることで、次に自分の攻撃に移ることが容易に出来ます。

相手の手首を自分の腕が「T」の字になるように上下から挟んで捕ります。
これも足の捌きと連動するとやり易いですよ。

相手の手首を捕ったら、自分の胸にくっつけるようにします
このことで自分の中心から出る力を活かすんですね。


添わせる4


胸に当たっている相手の手首を引きつけたまま、お辞儀をするようにその接点を下に下げます。
そうすると、身体全体の力が相手の手首に集中します。手首という小さな部位を、体幹を全部使って攻めるわけですから、相手にはものすごい力がかかっていきます。
たまらず、腰から崩れていくというわけです。

動画を見ると、あたかも相手の腕に当てた肘で押さえつけて、逆関節に極めているように見えるかもしれません。
実はそうではなく、これは相手の手首を極めています
冒頭で書いた通り、これが古武術ならではの「フェイク」と言えます。
肘を極めようとすればするほど、相手に伝わる力は拡散して、逃げられやすくなってしまいます。


添わせる3


ポイントは、手首を捕った手に、力を入れないこと。
力づくでやると技はかからなくなります。大東流の特徴ですね。

体験してみると、たちまちこの解説の意味することが分かると思います。
一度やってみたいと思われる方は、東京稽古会に参加してみてください!





Posted on 2017/02/08 Wed. 09:06 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  古武術  姿勢  合気柔術 
tb: 0   cm: 0

其の百三十五、包む  


相手の手首を捕る操作方法です。
逆腕捕の際に、この方法をマスターしておけば、見違えるように技がかかりやすくなりますよ。


包む4


ポイントは、力を入れて握りこまないことです。
このところいつもこの言葉を言っているような気がしますが、それは大東流において「力づくで操作しない」ということがいかに大事かということを表しています。

前置きはこのくらいにして、動画を見てみましょう。





お互いに向かい合って、受け側が腕を伸ばします。
捕り手は相手の手の甲に自分の掌を同じ向きに重ね合わせます。
逆腕捕の掴み方ですね。

相手の小指丘の付け根、少し膨らんだところに自分の小指を引っかけます
親指以外の四指で小指丘を、親指で相手の親指の外側を持ち、挟み込むようにします。

この時、相手の手を握りつぶすようにしたり、手首を曲げようとしてしまいがちです。
慣れないうちは、皆必ずそうなってしまいます。

不思議なことに、そうすると技はかからないんですね。


包む3


動画にあるように、四指と親指で相手の手の甲を「包む」ようにします。
力を入れて握ってはいけません。
その代わりに、包んだ手の形を、しっかりと維持するんです。

私自身は、このことを「手で籠(ケース)を作るように」と表現しています。

手の形を変えない(維持する)というのは、案外力を必要としません。
それでいて、相手には驚くほど力が伝わります。
逆に力をこめて握ると、接点から力が逃げていってしまうんですね。
上手く表現できませんが、稽古を続けていくうちに体験的に理解できます。


包む1


さらに、相手の手を包んだあとに、身体の中心で手を斬り落とすようにします。
ちょうど相手の手首を刀の柄に見立てて斬るような意識です。

横や斜めに動かすのではなく、縦に斬ることがとても重要ですよ。
そうすることで、自分の力を効率よく相手に伝えることが出来ます。


包む2


今回の操作法は、逆腕捕を上達させる秘訣ですが、その他の型にも応用が効く重要な考え方です。
正直、ここで公開していいものかと思うくらいの内容ですが。

稽古会では、さらに深いところまで研究していますので、興味のある方は是非参加してみてくださいね。


Posted on 2017/01/22 Sun. 09:12 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  手刀  姿勢 
tb: 0   cm: 0

其の百三十一、親指を使う(肘返)  


小指の次は、親指です。
前にも解説したことのある「肘返」という型ですね。(其の百一、肘返)


親指を使う2


このところ何回かの動画を見た人はお気づきと思いますが、この日の稽古会は隣の会場に女性ダンスチームの練習が入っていて、その黄色い声と音楽が響き渡っていました。
さらに悪いことにワイヤレスマイクの準備を忘れてしまって・・・。

先生の声はとても聞き取りにくいんですが。
動画を見ましょう。





双方座った状態で、相手が胸を捕りに来ます。

その手首を胸と親指で挟みます。この時に、親指の付け根をつかいます。
もっと詳しく言うと、「母指丘の手の甲側」でしょうか?
輪ゴムを指にひっかけてゴム鉄砲を打つとき、親指を立てるようにして張りますよね。
あの感じで、胸に引き付けるんです。

「小指をかける」でも解説したように、ここでも親指の力だけで押さえつけても、そこで発揮できる力はたかが知れています。

そうではなく、腕全体を使って、脇をしめるような感じで引き付けましょう。
この「引き付ける」動きになれると、かなり大きな力が出せます。


親指を使う


さて、相手の手首を自分の胸に固定できたら、そのまま身体を捌きます。
身体全体で動くことで、相手にはより強い力が伝わります。

そして当て身。全身で出ましょう。
もちろん胸に引き付けている手首も同時に動かしますから、相手は後ろに崩れます。

さらに、当て身を入れた手も同様にして、親指の付け根を相手の肘裏に当てます
手先の力ではなく、腕全体で引き付けるようにしてくださいね。

これで、相手の小手(肘~手首)には強烈なロックがかかります。「詰める」といった方が分かりやすいかな?



親指を使う3


さらに相手の側面に膝行して入り身。
この時にやや体勢を低く入ってください。すると、相手の手首から肘にかけて上方に突き上げるような力が加わります。

たまらず相手が腰を浮かせたところを、身体を転換して、投げます。


親指を使う1


「引き付ける」動き。どうでしたか?
上手くできるようになると、それほどの力を出さなくても、相手にはものすごいパワーで伝わります。

大東流合気柔術の面白い身体の使い方です。


Posted on 2016/12/03 Sat. 09:11 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  手刀  古武術 
tb: 0   cm: 0

其の百三十、小指をかける 大東流合気柔術 東京稽古会  


この日の東京稽古会では、本稽古の中で昇級審査を行いました。

無事に4名の会員が昇級できたのですが、その際に気付いた点を先生が指摘してくださり、全員で稽古しました。


小指をかける1


それがこの、「小指をかける」操作です。
動画を見てみましょう。





おなじみの「逆腕捕」です。
相手が胸倉をつかんでくるところを、手首、肘を制しつつ固め、おさえます。

この、胸を捕ってきた相手の手をつかむときに、握ろう握ろうとするあまりに小指が浮いていた人が多かったんですね。

大東流では、力づくではなく、効率的な身体の使い方をすることで相手を制していきます。
相手の手首を極めようとするあまりに、手の指に力が入り過ぎている状態になる・・・修行を始めたころに陥りやすいところです。

それを防ぐために、小指で「握ろう」とするのではなく、小指は軽く曲げた形で固定して、腕、もしくは身体全体を動かすことで操作します。これを、先生は「かける」と表現しているんですね。


小指をかける3


小指を、相手の母指丘の手首側、少し膨らんだところに当たるようにずらしてきます。
引っかかったところで、小指は固定です。握ろうとしたり、力を入れようとすると、緩みますから。
そのまま、腰を切るように動かすのと連動して、相手の手首を操作します。

何度も言うようですが、握らず、引っかけるように固定するだけですよ。
そうすると、相手の腕は逆関節を捕られて、崩れていきます。


小指をかける2


あらためて小指を見てみてください。細いですね。一番短いし。
小指は、何か重いものを動かそうとしたり、強く握ったりするのには向いてません。

でも、上に書いたように固定して使えば、けっこう便利なんです。
スーパーの買い物袋を小指にひっかけて持つと、割と楽でしょ。

以前の記事(「其の三十二、小指を使う」)で書いたように、小指は効率よく全身の力を使うのに適しています。
指の力に頼っても、たかが知れていますからね。


小指をかける4


それ自体では弱い小指だからこそ、腕全体、身体全体と連動して使うことに向いている、というのは大東流合気柔術が持つ面白い術理だと、私は感じます。


Posted on 2016/11/26 Sat. 09:56 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の百二十六、胸捕から一本捕 大東流合気柔術 東京稽古会  



相手の攻撃を「捌いて崩すシリーズ」も今回で最後です。


胸一本4


というか「捌いて崩すシリーズ」って今言い始めました。
いきあたりばったりで解説していきます。応援よろしく!

実はこの稽古の日、先生に仕込んだワイヤレスマイクが上手く動いておらず、隣でやってるチアリーディングの青年たちの大音響で、ほとんど声が聞き取れません。


胸一本3


人生ままならず。様々に沸き起こる困難に立ち向かうことも、武術の修業と考え・・・早よ本題に入れわかりました

動画を見ましょうか。





相手が胸倉を掴んできます。
これを胸捕と言いますが、顔面に近いところに手が伸びてくるわけですから、掴まれるまでじっとしていてはいけません。

型の稽古とはいえ、相手は攻撃を仕掛けてきているわけですから、こちらもそれに対処します。相手の腕に添うように外側に身体を移動させながら、手刀を差し上げます。

すると、当然ですが手刀は相手の腕に当たります。
これを押したり、払ったりしては、小手先の力のぶつかり合いになると「其の百二十四、捌いて入る」で解説しました。
当たったところの接点を押すでもなく、引くでもなく、力のバランスを維持しながら全身で前に出ます。


胸一本1


身体と連動して、手刀も前に進みますから、相手の腕には斜め前への圧力がかかります。
これで相手の重心は前のめりとなり、バランスが崩れます。

「捌いて崩すシリーズ」で何度も言い続けたように、身体全体で接点を攻めることで、相手にとって抵抗し難い力を発揮することが出来ます。
この感覚をつかむことが、上達の秘訣です。
手首の力を抜き、肘を伸ばし、肩を落として、丹田の力を指先まで通す意識を持つこと。


胸一本2

言葉で言われても、何のことだかわからないと思います。

まずは稽古で、お互いに研究してみましょう!


Posted on 2016/10/22 Sat. 09:51 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  手刀  一本捕  合気柔術  古武術  姿勢  丹田 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top