次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月17日(日) 12時半から14時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、7月8日(日)にも本稽古を行います。自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百八十五、腕を立てる 大東流合気柔術 東京稽古会  


手首の鍛錬法です。


腕を立てる3


一見簡単そうに見えますが、これが出来るようになるには、大東流の基本的な考え方をしっかりと身につける必要があります。

動画を見てください。





相手が自分の手首を握ってくるところを躱して、逆に握り返します。
「掛け手」ですね。
これをうまく使うと、相手の重心が前のめりになった状態で手をとることが出来ます。


腕を立てる2


次に相手の腕を剣に見立てて、肩を詰めます。
相手の手首が刀の柄、肩先は剣の切っ先だとイメージしましょう。

これは、いつも稽古でお話しする「剣の理合い」です。


腕を立てる4


刀を使うときのことを考えてください。手首、または腕の力だけで刀を振る(動かす)よりも、身体全体の動きに乗せて操作した方が力の伝達を効率よく行うことができます。

テレビのチャンバラ(最近はあまり見ませんが)などでは、手首だけで剣を「振り回す」様子がでてきますが、あれは「見た目」の良さを重視したもので、実際には、全身の力を使わなければ剣は使えません。


腕を立てる6


肩を詰め、相手の踵が浮き上がったら、斜めに斬りこむようにして相手の腕を交叉させます。
その状態でさらに踏み込んで、重心を崩し倒しましょう。

最初のうちはどうしても握力や手首の力に頼ってしまいがちです。
身体の一部だけで無理に力をかけることで、自分の方が関節を痛めてしまうこともありますので、気をつけてください。


腕を立てる5


「剣の理合い」「全身の連動」
基本を押さえて、鍛錬してみましょう。


Posted on 2018/05/18 Fri. 18:23 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  連動  剣の理合  重心  掛け手 
tb: 0   cm: 0

其の百八十一、胸捕四方投 大東流合気柔術 東京稽古会  


シリーズで解説してきた上段突き(胸捕)への対処法シリーズですが、今回で最後になります。


胸捕四方投1


今回は四方投げですね。片手捕の四方投げと同じような動きですが、相手の腕が自分の顔面に向かってまっすぐ伸びてくるところを処理しなければいけないところが、少し難しいかもしれません。

動画を見てください。





相手の攻撃に対して内側に捌きながら、向かってくる手首に手刀を添わせるようにします。
刀を水平に相手に向けるように意識すると良いですね。
捌きながら身体を半身に開くときの腰の動きと、手刀の動きを合わせると、相手の攻撃の行き先を外し、引き込むことが出来ます。
棒立ちにならず、捌いて半身になるときに体勢を低く構えることも意識してください。


胸捕四方投2


ここで相手の体勢を崩してしまうことが出来れば、技は半分出来たようなものです。

水平に構えるようにした手刀で相手の手首を挟むようにします。
ここでグッと握りこんでしまうとうまくいきません。
刀の柄を握るときをイメージしてみましょう。
そのまま相手の肘で突きこむようにして全身で前に出ます。


胸捕四方投3


刀を額の前方で構えるようにして出てください。身体と手刀の動きが連動すれば、相手はさらに大きく崩れるはずです。
そうしたら、体の転換です。身体を百八十度方向転換してください。

動画でも言っていますが相手の肘が常に自分の額の前方に来るように動くことが重要です。
相手の身体が爪先立ちに崩れたところを、刀を振り下ろすようにして倒します。


胸捕四方投4


大きな動きは以上解説した通りですが、他にも柔術的な細かい秘訣がいくつかあります。
そこは、稽古場でお伝えしますね。

Posted on 2018/04/19 Thu. 18:34 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 転換  連動  手刀  重心 
tb: 0   cm: 0

其の百八十、胸捕裏落 大東流合気柔術 東京稽古会  



上段突きに対する身体操作法の三回目です。
これまでに引き続いて上段突きの代わりに胸捕で攻撃してくる相手を、裏落で制します。


胸捕裏落1


とは言え、本当に力いっぱい殴ってくる相手に今回の動きで制することが出来るようになるには、余程達人にならないと難しいと思いますよ。
いつも言っているように、まずは「殴られるような状態に陥らない」のが護身術の第一の心構えです。

動画を見てみましょう。





胸捕に来る相手の手首を手刀で捌きます。

この時に重要なのが重心の移動です。
動画ではわかりづらいかもしれませんが、こちらに向かってくる腕に対して、初めはやや外側に、手刀が相手の手首に触れてからは内側に体重を移動させています。
それに手刀が追随することで、小手先の動きになることを回避できます。


胸捕裏落2


プレッシャーをかけられて、切羽詰まれば詰まるほど、手で払いのけてしまいがちですが、稽古を重ねることで、体で捌く感覚をつかんでいきましょう。

手首に手刀が触れたら、自分の外側に手刀を斬り開くようにします。
小手先の動きにならないように!


胸捕裏落3


さらに手刀の接点を維持したまま、前に進み、体勢を低くしましょう。
身体を前に傾けるのではなく、垂直に低くなる意識を持ってください。
相手に並ぶように進みながら、伸ばした手刀によって相手の重心が裏に回るように位置をとることが大事ですよ。
重心を崩された相手はたまらず倒れます。

相手の踏ん張りがきかないところに重心を導くのが難しいかもしれませんが、これは相対稽古の中で相手と受け・捕りを交代しながら探っていきましょう。
自分が倒れてしまう位置は、相手にとっても倒れやすい位置ですから。


胸捕裏落4


もう一つ、手刀で相手を制していく位置にもちょっとしたコツがある…のですが、そこは稽古会に来てくれた方に直接お伝えしますね!
それでは、東京稽古会で、お会いしましょう。

Posted on 2018/04/12 Thu. 18:30 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 手刀  重心  体重移動  連動  大東流  合気柔術 
tb: 0   cm: 0

其の百七十六、親指を攻める 大東流合気柔術東京稽古会  

相手が手首を握ってくるのを、逆に相手の小手を捕って制します。
これまでに何度もやってきたおなじみの技、小手返です。


親指を攻める1


この時、相手の攻撃が片手捕(相対した側の手でつかむ)と交叉捕(握手をするようにつかむ)と2パターン想定されるのですが、どちらの場合にも同じ考え方を使って制していきます。

それが、今回取り上げる「親指を攻める」です。

動画を見てみましょう。





最初は片手捕。相手が片方の手首を掴んできます。
その手を外そうとしてはいけません。相手に掴ませたまま、自分の方に引き込みます。
手首で引っ張りこむのではなく、肘を前に出す要領です。

すると、相手の手首が自分の目の前に来ますので、もう片方の手を合わせるようにして小指から絡めとります。

この時に掴むのが、相手の親指です。実際には親指の付け根から掌底にかけてのふくらみ、いわゆる拇指丘ですね。そこを攻めていきます。さらに掴まれた腕も同時に使って相手の親指を攻めていきましょう。

動画でも言っているように小手先ではなく、身体の捌きと連動させて攻めることがポイントです。
相手が崩れたら、手刀で斬り落として、固めます。


親指を攻める2


さて、今度は交叉捕です。
片手捕の時と同じように相手の攻撃を引き込むように受けます。
さらに身体を捌きつつ、もう片方の手を添わせるようにして相手の手を捕りましょう。
この時、掴むところはまたしても相手の拇指丘です。
片手捕の時は逆方向、交叉捕の時は同方向に添わせるようにと、手の向きこそ違いますが、親指の付け根を攻めるというポイントは変わりません


親指を攻める4


「攻める」という言葉が力いっぱい痛めつけるという風なニュアンスを与えるかもしれませんが、指先そのものはさほど力を入れない方が有効です。
むしろしっかり小指を絡めて、親指と小指側とで「はさむ」ような感覚で握ってみてください。親指の位置は薬指と小指の付け根辺りがベストです。


親指を攻める3


こうして親指を攻める位置をきちんと取れたら、相手の崩れ方が変わってきますよ。
稽古会でも繰り返して鍛錬していきましょう。





Posted on 2018/03/15 Thu. 19:19 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 手刀  連動  大東流  合気柔術 
tb: 0   cm: 0

其の百七十二、崩す(両手捕) 大東流合気柔術東京稽古会  

攻撃を受けながらも相手を崩して制する身体操法の第2弾です。
前回は片手捕でした。今度は両手首を捕られます。


崩す(両手捕)1


両手を押さえられているわけですから、より不利になると考えるのが自然ですが、
大東流では必ずしもそうではありません。
相手との接点を利用して力を伝えていくという思考法をもつこの古武術では、接点が多くなるほど有利に転じさせることが可能なんですね。

まず、動画を見てみましょう。





受け手側が両手捕で攻撃してきます。

捕り手(技をかける方)は真正面からぶつからずに、相手の攻撃線をずらしながら両手の接点を上下に操作していきます。
動画にあるように、相手の力と当たらず、且つ自分の力が逃げないところを探りましょう。これは稽古を積むことが一番の近道ですが、少しだけコツをお教えしますね。


崩す(両手捕)2


それは、腕に力を入れて操作しないことです。
これも実際に試してみればわかりますが、上下に動かす腕を肩から先の力で動かした途端、相手は抵抗してきます。
相手からしてみれば、動きを封じようとして掴んできているわけですから当然の反応ですよね。
そのために、肩から先の腕部分は脱力させながら動かさなければなりません。

「脱力」とは力がなくなってフニャフニャになることではありません。指先までしっかりと張りを作りながら、腕の中に力の芯を通すような感覚が必要です。
これは以前「其の百六十七、真下に沈む」で解説した思考法に通じます。そちらも参照してください。

その腕の状態を作れたら、今度は全身の動きと連動させながら上下に分けていきます。腕だけ、足だけを動かさないでくださいね。上半身と下半身が一体となれば、あっさりと技がかかりますよ。


崩す(両手捕)3


それでも出来ないという方のために、さらに秘訣があります。手刀を動かす軌道を相手の体のむにゃむにゃもにゃ・・・
これ以上言うと怒られそうなので(誰に?)続きは道場でお伝えしますね。
東京稽古会で、お会いしましょう。

Posted on 2018/02/16 Fri. 18:51 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  連動  攻撃線  手刀 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top