FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 11月23日(金・祝) 15時半から17時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、12月23日(日)にも本稽古を行う予定です。自主稽古は随時開催しています。
(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加可能です)詳細はお問い合わせください

其の二百九、両肩捻 大東流合気柔術 東京稽古会  



今回も後ろからの攻撃に対処する動きです。

大東流合気柔術には、初伝だけで118カ条の形が存在します。
最初は一カ条の30本の手順を覚えるだけでも大変です。
この両肩捻なども一見複雑な動きを見せますので、なおさら覚えにくく思えるかもしれません。


両肩捻2


ただ、形は「相手を崩す」ための動きのつながりであることを念頭に置いて整理していくことで、シンプルに技をとらえていくことができるようになるはずです。

さて、動画を見てみましょう。





受け手側が後ろから肩を掴み、押さえつけるようにします。
わざわざ「受け手側が」と書いたのは、この攻撃がちょっと肩に触れているだけだったり、道着を掴まずに手をのせているだけだったりすると、この形は成立しにくいからです。

もちろん武田惣角先生級の達人ならば、どう取られてもバンバン投げるんでしょうが、初心者同士の稽古の場合は、そんなことは起こりえません。

しっかりと道着を握って押さえられることで、捕り手は力を伝えやすくなります。


両肩捻4


肩を取られたら、相手の出足の方に身体を回転させます。
この時、軸となる足を千鳥に切って腰を回してください。

相手が掴んでいる肩の接点を通じて、力を伝え、崩していくわけですが、やってしまいがちなのが、相手の手を肩で引っ張ること。
すると、逆に自分の上半身が前傾して崩れてしまい、相手に引き倒されてしまいます。

いつも言うように、全身を連動させて動きましょう。腰の動きに全身を追随させる意識ですね。


両肩捻


回転して相手のほうを向いたら、相手の顎を下から斬り上げるようにして腕を伸ばします。
それと同時に相手の裏側に踏み込むように足を出しましょう。

ここでも、連動が大事になってきます。
上半身と、下半身で相手を挟み込むようにして崩していきます
この崩しは、立ち合い技の「切返」と同じ原理ですね。


両肩捻1


上半身が腰の上にしっかりと乗っていることが成功の秘訣ですよ。



Posted on 2018/11/01 Thu. 18:08 [edit]

category: 後捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  連動  武田惣角  転換 
tb: 0   cm: 0

其の二百三、斬り落とす 大東流合気柔術 東京稽古会  



大東流合気柔術、初伝一ヶ条の型、「両手捕四方投」です。
相手の出足(踏み込んでいる方の足)の逆側に捌いていくのが表技、その反対側に入っていくのが裏技です。

今回は表技を修練しましょう。


斬り落とす1


何度か取り上げてきている技ではありますが、特に手刀の操作について、詳しく解説していきたいと思います。

まずは動画を見てください。





両手首を掴まれると同時に、しっかりと指を張り、手刀を作ります。
やや手刀切っ先を立てるようにしながら、全身で入身していきます。

このとき、腕だけが先行したり、あるいは腕が相手の力に負けて残ってしまうことのないようにしてくださいね。

こうすることで、相手の身体は崩れていくんですが、ここで前回までに解説したことを思い出してください。

相手の掌の膨らみ(掌底)に手刀を密着させる、というアレです。
ここまでの操作が正しく行われていれば、この密着は外れていないはずです。


斬り落とす2


さらに転換して、斬り落とす際にも、同様のことが言えます。
腕だけで相手の手を振り回そうとしてしまうと、どうしても、相手から遠い方の腰が離れてしまいます。

腰が離れることで、さらに小手先の動きにおちいってしまい、相手の崩れは小さくなります。

しっかりと腰を回し、手刀が相手の掌に密着させた状態で斬り落としましょう。
腰を入れて手刀を操作することで、投げの威力が増します。


斬り落とす3


実際に稽古で体感してみると、その効果が理解できるはずです。
東京稽古会で待ってますよ。





Posted on 2018/09/20 Thu. 19:16 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  姿勢  からだ  連動  転換  入身 
tb: 0   cm: 0

其の二百二、引きつける 大東流合気柔術 東京稽古会  


相手の肘関節を逆にとって動きを封じる操作です。
大東流合気柔術には「七里引」という逮捕術に派生していく技がありますが、最終的にはそのかたちに捕っていきます。


引きつける3


同時に、初動で相手を封じてしまうところがとても重要です。
前回「其の二百一、 片手捕を止める」で解説した操作法と併せて行うことで修得が容易になりますよ。

動画を見て見ましょう。





相手が片手の手首を掴んできます。片手捕です。
とられると同時に指を開き、手刀を張ります。

押し返すのではなく、「止める」意識を使いましょう。
相手の力をからだ全体で受け止めます。

このとき、手刀を柔らかく使うことで、相手の掌の膨らんだ部分、いわゆる掌底を攻めます。強く押し付けるのではなく、密着させていくイメージですね。
(動画では補助として、相手の親指のあたりを押さえています)


引きつける4


手刀の切っ先、つまり指先は相手の中心(正確には遠い方の肩のあたり)に向け続けてください。
これが上手くいくと相手の攻撃を封じることが出来ます。

その「止める」感覚を失わないように、身体を転換させ、相手に並ぶようにします。
やや体勢を低くし、相手の脇の下にくっつくように入身しましょう。

相手の肘のやや上方を、自分の肩に当てるようにして、手刀を自分の方に引きつけます。
そうすることで、手刀相手の掌に密着したままとなります。ここがポイントです。


引きつける2


相手の腕を担いで、力任せに折るようにすると、密着が失われてしまいますので注意してくださいね。


Posted on 2018/09/13 Thu. 19:02 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 合気柔術  大東流  手刀  からだ  入身  転換  中心 
tb: 0   cm: 0

其の百八十一、胸捕四方投 大東流合気柔術 東京稽古会  


シリーズで解説してきた上段突き(胸捕)への対処法シリーズですが、今回で最後になります。


胸捕四方投1


今回は四方投げですね。片手捕の四方投げと同じような動きですが、相手の腕が自分の顔面に向かってまっすぐ伸びてくるところを処理しなければいけないところが、少し難しいかもしれません。

動画を見てください。





相手の攻撃に対して内側に捌きながら、向かってくる手首に手刀を添わせるようにします。
刀を水平に相手に向けるように意識すると良いですね。
捌きながら身体を半身に開くときの腰の動きと、手刀の動きを合わせると、相手の攻撃の行き先を外し、引き込むことが出来ます。
棒立ちにならず、捌いて半身になるときに体勢を低く構えることも意識してください。


胸捕四方投2


ここで相手の体勢を崩してしまうことが出来れば、技は半分出来たようなものです。

水平に構えるようにした手刀で相手の手首を挟むようにします。
ここでグッと握りこんでしまうとうまくいきません。
刀の柄を握るときをイメージしてみましょう。
そのまま相手の肘で突きこむようにして全身で前に出ます。


胸捕四方投3


刀を額の前方で構えるようにして出てください。身体と手刀の動きが連動すれば、相手はさらに大きく崩れるはずです。
そうしたら、体の転換です。身体を百八十度方向転換してください。

動画でも言っていますが相手の肘が常に自分の額の前方に来るように動くことが重要です。
相手の身体が爪先立ちに崩れたところを、刀を振り下ろすようにして倒します。


胸捕四方投4


大きな動きは以上解説した通りですが、他にも柔術的な細かい秘訣がいくつかあります。
そこは、稽古場でお伝えしますね。

Posted on 2018/04/19 Thu. 18:34 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 転換  連動  手刀  重心 
tb: 0   cm: 0

其の百六十、肘を制する(肘返) 大東流合気柔術 東京稽古会  

「肘を制する」身体操作法で型を解説するシリーズの二回目は「肘返」です。

前回(「其の百五十九、肘を制する(逆腕捕)」は胸を掴んできた相手の肘を伸ばすことで逆関節にとって制する考え方でした。


肘を制する(肘返し)1


肘返は、それに加えてさらに、自分の思うところに肘を持ってくる(連れてくる)ことで技をかけていきます。

動画を見てみましょう。





双方が座って技を行います。居捕(いどり)ですね。
受け手側の攻撃は胸捕です。
胸倉を掴んできた相手の手首を、親指の付け根で引きつけるようにして、自分の胸に密着させます。

この接点を通じて、相手の肘に力を伝えていくんですね。

まずは相手の肘を伸ばします。親指で引きつけながら、身体を相手の外側に捌きます。前回の逆腕捕では肘に当てた手の角度を変えることでこの操作を行いました。
今回は手首に当てた胸と親指の二点で同じことをしなければなりません。
少し難易度が高いですね。


肘を制する(肘返し)3


身体の角度を変えて、相手の肘が曲がらない方向に力を加えます。さらにやや下から角度をつけて捌くことで、相手の肩を詰めるようにしましょう。
相手の自由な方の手からの攻撃を警戒してください。
ここで当身を入れます。そのまま、当身を打った手を相手の肘にあてがいます。

次に、自分の正面に相手の肘を持ってこなければなりません。
この時、相手の肘にあてた手で強引に持ってこようとしがちですが、これは、力任せの悪手です。

そうではなく、ここでも、胸と親指で挟んだ接点を使うことを意識してください。
具体的には、その接点を使って相手の肘の先端を動かしていくイメージをもつと分かり易いですよ。
今度は、肘の可動域で言えば「曲がる方」に動かす訳ですからやや簡単です。

相手の肘が自分の正面に来たら、肘にロックをかけ、転換して投げます。


肘を制する(肘返し)2


「肘返」どうでしたか?
「伸ばす」と「曲げる」。両方を使って肘を制していきました。

次回は「裏落」です。

Posted on 2017/11/12 Sun. 09:16 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 当身  転換  居捕 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top