次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 11月23日(木・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の十九、正座  

稽古するときに意識しなくてはならない重要なことのひとつに、「正しい姿勢をとること」があります。その正しい姿勢を身につけるのに最適な鍛錬法がこの「正座」です。

これまで何度も出てきたので「またか」と思う人もあるかもしれませんが、それほどに重要な身体の使い方です。



若い人のなかには「正座をしたことがない」という人もいて、びっくりすることがあります。
確かに、今の日本の生活様式では、正座をしなくとも普通に過ごせますよね。

身体的な実感は、その人々の生活する場所の固有の文化と分かちがたく結びついていると信じる私としては、少し寂しい時代の流れではあります。

茶道


さて、折角ですから、古武術的に正しい正座について。

まず、床に膝をついて「膝立ち」の状態になります。
次に、膝に重心を掛けたまま、徐々に沈んでいくような意識で尻を踵につけます。
このとき、重心は膝の方に乗ったままです。なので、踵と尻の間には薄い紙が一枚はさまっているような感覚です。

膝の間は、握りこぶしが二つ入るほどの間隔を空け、足は重ねずに、親指を揃えます。
上半身の力を抜き、下丹田で重みを感じるようにして、やや前傾になり、顎を引いて、前方へ自然に視線を開く。

これが、正座です。
どこでも出来ます。これも立派な武術の鍛錬です。是非やってみてください!

Posted on 2015/04/16 Thu. 21:25 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 正座  大東流  合気柔術 
tb: --   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top