次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月17日(日) 12時半から14時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、7月8日(日)にも本稽古を行います。自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百七十八、胸捕小手詰 大東流合気柔術 東京稽古会  



今回から4度にわたって、胸捕への対処法を解説していきます。
胸捕は読んで字のごとく、胸倉を掴まれる動きですが、相手の腕が一直線にこちらの顔面近くに向かってきますから、「上段突き」のかたちに似ています。

いわゆるパンチですね。


胸捕小手詰1


稽古では女性や初心者も多いので、最初から上段突きでやり始めると受け損なって顔面にモロに入ったりします。
いきなりそんなことしてくる道場はイヤですよね。

そんなわけで護身術的な考え方を学ぼうとするときに、この胸捕は便利なんです。

前置きが長くなりましたが、動画を見ていきましょう。





パッと見が複雑そうな動きですが、これも今までやってきた操作の発展形です。
こちらに向かってくる相手の手を、捌いて流します。
動画では「掴ませないように」という表現をしていますが、これは「突きを外す」と同じ意味です。


胸捕小手詰4


捌く方向は相手の突きの内側です。
これを外に捌くと技が変わってきますよ。

内に捌くと身体が半身になりますね。相手に近い方の腕で肘打ちをするような形になると、自然に相手の手首のあたりを捕ることが出来ます。


胸捕小手詰5


手首を逆腕捕にとって、相手の肘をロックするように手前に引き込みながら、刀を立てるように手首を上に向けます。
こうすることで相手の小手(橈骨と尺骨で構成された上腕部分)が極まります。

お辞儀をするように小手を沈めると、相手はたまらず崩れ落ちます。


胸捕小手詰2


逆腕捕の手首を、剣を立てる要領で上に向けるところが難しいかもしれませんが、あとはこれまでやってきた動きです。
東京稽古会で、やってみましょう。

Posted on 2018/03/29 Thu. 18:00 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  中心  当身  攻撃線  剣の理合 
tb: 0   cm: 0

其の百六十五、抜手捕 大東流合気柔術 東京稽古会  


今回も居捕です。
両手を捕られた状態から相手を崩し、最後は逆腕捕のかたちで制していきます。

最初に相手が掴んでいる手を外すのですが、これは自分の手首でも訓練出来るのでやってみましょう。
手解き(てほどき)というれっきとした技術です。


抜手捕2


まずは右手で左手首を強く握ってみてください。
その状態で一所懸命に左手を外そうと思ってもなかなか外れませんね。
そこで、左手を少し回転させて、小指側(尺骨)を右手の親指と人差し指の隙間に合わせます
そのまま、左腕を水平に開くようにして伸ばすと…あっけなく外れましたね。

この抜手捕では、小指側ではなく親指側を使いますが、相手の掴み手の切れ目に小指側か親指側を合わせ、肘を伸ばすか曲げるかすると、比較的簡単に切ることが出来ます。

簡単な護身術として覚えておいてくださいね。

前置きが長くなってしまいました。
動画を見ましょう。





両手を捕られたところで、脇を締め、相手に向けて指を立てます。
手刀相手の喉元を突くようなイメージを持つとよいでしょう。

やや身体をずらすようにして、片手を突き出します。
先ほどの要領で抜手を行い、手が外れると同時に、首筋に手刀当身を打ちます

この時、手だけで打っては効果がありません。
しっかりと膝を立てて踏み込んでください。

さらに同時に、相手が掴んでいる手を上方に伸ばし、親指で相手の肩を突くように攻めます。


抜手捕1


ここまでの動作を一挙に行うことで相手を崩します。

ただ、慌ててはいけませんよ。
重要なことは、踏み込む方向、当身を打つ方向、さらに掴まれている腕を制する方向が一致することです。
両手と踏み込んだ膝、つま先の方向が一直線上に乗っていることを意識してください。


抜手捕3

ここまで来たら、逆腕捕にとって制していきます。
攻め手をゆるめずに、しっかりと全身で押さえましょう。

前回(「其の百六十四、居捕逆腕捕」)同様、重心の掛け方で技の成否が決まります。
少しづつでもいいですから、継続して稽古を積みたいですね。

Posted on 2017/12/21 Thu. 10:47 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 姿勢  手刀  重心  当身  居捕 
tb: 0   cm: 0

其の百六十、肘を制する(肘返) 大東流合気柔術 東京稽古会  

「肘を制する」身体操作法で型を解説するシリーズの二回目は「肘返」です。

前回(「其の百五十九、肘を制する(逆腕捕)」は胸を掴んできた相手の肘を伸ばすことで逆関節にとって制する考え方でした。


肘を制する(肘返し)1


肘返は、それに加えてさらに、自分の思うところに肘を持ってくる(連れてくる)ことで技をかけていきます。

動画を見てみましょう。





双方が座って技を行います。居捕(いどり)ですね。
受け手側の攻撃は胸捕です。
胸倉を掴んできた相手の手首を、親指の付け根で引きつけるようにして、自分の胸に密着させます。

この接点を通じて、相手の肘に力を伝えていくんですね。

まずは相手の肘を伸ばします。親指で引きつけながら、身体を相手の外側に捌きます。前回の逆腕捕では肘に当てた手の角度を変えることでこの操作を行いました。
今回は手首に当てた胸と親指の二点で同じことをしなければなりません。
少し難易度が高いですね。


肘を制する(肘返し)3


身体の角度を変えて、相手の肘が曲がらない方向に力を加えます。さらにやや下から角度をつけて捌くことで、相手の肩を詰めるようにしましょう。
相手の自由な方の手からの攻撃を警戒してください。
ここで当身を入れます。そのまま、当身を打った手を相手の肘にあてがいます。

次に、自分の正面に相手の肘を持ってこなければなりません。
この時、相手の肘にあてた手で強引に持ってこようとしがちですが、これは、力任せの悪手です。

そうではなく、ここでも、胸と親指で挟んだ接点を使うことを意識してください。
具体的には、その接点を使って相手の肘の先端を動かしていくイメージをもつと分かり易いですよ。
今度は、肘の可動域で言えば「曲がる方」に動かす訳ですからやや簡単です。

相手の肘が自分の正面に来たら、肘にロックをかけ、転換して投げます。


肘を制する(肘返し)2


「肘返」どうでしたか?
「伸ばす」と「曲げる」。両方を使って肘を制していきました。

次回は「裏落」です。

Posted on 2017/11/12 Sun. 09:16 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 当身  転換  居捕 
tb: 0   cm: 0

其の百五十九、肘を制する(逆腕捕)  大東流合気柔術 東京稽古会  

今回から3回にわたって、「肘を制する」操作法を使った型の解説を試みます。
まずはおなじみの逆腕捕です。

「制する」というと何やら大げさに聞こえますが、簡単に言うと、肘を伸ばすことによって、相手の動きを封じるんですね。


肘を制する(逆腕捕)4


肘関節は可動域が比較的小さいために、逆関節をとることで割と容易に制することが出来ます

動画を見て下さい。





何度か取り上げた逆腕捕ですが、今回は最初に胸捕に来た相手の腕を無力化するところに重点をおいて見ていきます。

相手が胸倉をつかんできます。胸倉をつかんでそのまんまなら小中学生のケンカですが、普通はそのあとに第二波の攻撃があると思った方が賢明です。
ボーっと正面に立っているとたちまちその攻撃を受けてしまいますからね。
そうです。捌いて攻撃線を外しましょう

この時、自分の中心に手を上げて、相手の肘にあてがいます。
たまに相手の肘を折りそうなくらいにガツーンと拳を当てる人がいますが、全く逆効果なのでやめましょう。軽く触れるくらいでいいです。
手は拳でも手刀でも構いません。私は手刀を使うことが多いです。


肘を制する(逆腕捕)1


次に相手の外側に捌くのですが、この時、肘に当てた手刀を動かさずに、身体の位置を変えます。
すると、相手の肘にかかる力の角度が変わります
この角度の変化によって、相手の肘が逆関節にとられるんです。

先ほど、肘の可動域の話をしましたが、当然、肘は逆方向には曲がりません

手の力で肘を押したのでは、相手から抵抗されてしまいます。
軽く当てた肘と、相手に掴まれている胸の接点、これらを固定したまま、身体全体の力で相手の肘から肩にかけて力を伝えましょう。


肘を制する(逆腕捕)2


操作する時には、姿勢にも気をつけてください。前屈みになって押そうとしては上手く力が伝わりません。下半身と上半身をひとつにして連動させると、大きなパワーが出ます。

さらに、やや体勢を低くし、一歩踏み込みながら真っすぐに当身を打ちます。
動画にもありますが、両腕を絞り込むようにして中心に合わせながら出てください。

こうなると、相手は肘を伸ばされ、肩を反されて身動きが取れない状態になります。
後はいつも通り、逆腕捕で制していきます。


肘を制する(逆腕捕)3


逆腕捕は最初の一挙動で相手を崩せるかどうかでその成否が左右されます。
そのための「肘を制する」なんですね。

次回は「肘返」です。

Posted on 2017/11/03 Fri. 10:06 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 姿勢  手刀  当身  連動  中心 
tb: 0   cm: 0

其の百五十八、はさむ 大東流合気柔術 東京稽古会  

前回の「小手返」では、拇指丘に小指を引っかけて攻める操作法を解説しました。

今回も同じように拇指丘を攻めて相手を制します。
ただ、「引っかける」のではなく、「はさむ」んですね。


はさむ1


「引っかける」も「はさむ」も、基本的な考え方は同じです。いかに力を入れずに操作することが出来るか。相手を崩すために必要なのは、そこです。

動画を見てください。





片手捕に捕ってきた相手の手首を、手刀で外側から斬りこむようにします。
前回(「其の百五十七、小手をとる」)で解説したように、小手先を回すのではなく、身体の向きを変えて全身の連動で操作するんでしたよね。

上手く連動できると、相手にしっかりと力が伝わります。
すると、相手の掌は親指が下を向いた状態になっているはずです。

自分の手刀は斬り下げているので、小指丘側(刃の方)が下を向いた状態です。

この時に、親指以外の四指で、相手の拇指丘を挟みます
握るのではないですよ。四指と拇指丘とで、文字通り「はさむ」んです。


はさむ2


そのまま、相手の肩を詰める方向に腕を伸ばしていきます。
相手の肘を逆にとる形になりますから、相手はたまらずつま先立ちになります。

最初の手刀で斬りこむタイミングで、相手の腕が伸びるように当身を入れておけば、より効果的に肘を伸ばすことが出来ます。

相手がつま先立ちになったら、あとは簡単です。
肩を押さえるようにして、投げ落としましょう。


はさむ4


ここで親指を使って握りこまないのは、力が入ってしまう(屈筋を使ってしまう)からではないかと僕自身は解釈しています。

屈筋=大きい筋肉を使うとどうしても力任せになってしまい、力の伝達効率が悪くなります。また、力任せになると相手の抵抗心を呼び起こしてしまいます。
そのために、主に小指側の筋力を使って「はさむ」操作を行うのではないかと。
正直に言えばこの辺り、私も確信があって書いているわけではありませんが。

自分の解釈に自信が持てるようになるまで…修行せねば!

Posted on 2017/10/24 Tue. 10:57 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  当身 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top