次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 6月18日(日) 15時30分から17時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百十九、小手から崩す 大東流合気柔術 東京稽古会  

相手の正面打ちを捌きながら受け、小手を捕って崩し倒す技です。
前回使った、小指から握りこんでいく身体操作が応用されます。(「其の百十八、小指から崩す」)

いわゆる「居捕 小手返の型です。
相手の攻撃は中段突きでも、片手捕で行うこともあります。


小手から崩す5


動画を見てみましょう。





相手が打ってくるところを捌いて受けます。
そのまま、相手の打撃を止めるのではなく、受け流すようにして手を添え、小指丘に小指を絡みつかせるようにして握りこみます。

力任せに捕りに行かず、相手の攻撃の方向に同化するように操作するのがコツです。

小指から握る操作は、そうした「力任せにしない動き」をする際に非常に有効的です。
これは実際に相手の手を捕ることで修練するしかありません。
しっかり意識しながらやってみましょう。


小手から崩す3


さて、小指から搦める様に握りこみました。
親指は相手の手の甲、薬指と小指の付け根のところにつけます。

そして相手の側面に並ぶように膝を進め、刀で斬りこむように相手の小手を斬り落とします。
「小手を斬り落とす」と書きましたが、実際にはそれだけでは全く相手は動じません

つまり、小手だけを動かそうとしても、両膝を地面につけている相手は、ただ手を押し込まれているようにしか感じないんです。

大事なことは、小手を操作することで、肩~腰のラインを崩していくことです。
そのためには小手だけではなく、相手の肘を地面につけていく意識が必要です。


小手から崩す4


さらに、相手の背後に向けて斬りこむことが大事です。
よくやってしまうのが、相手から離れる方向に向けて斬り落としてしまうこと。
これでは、相手の中心(腰)には全く力が届きません。

結果、相手はノーリアクションに近い感じでただ座っているだけ、という哀しい状態になるんですね。


小手から崩す1


でもメゲないでください。
恥ずかしい想いを重ねて、ひとはきっと大人になっていくものですから。



Posted on 2016/09/02 Fri. 08:55 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  正面打  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の四十、小手返  

正面打ちからの小手返しです。

ゆみ 小手返


この稽古会が始まった最初のころにも一度、小手返しをやりました(以前の記事「其の十三、小手返し」)
その時は、相手の攻撃は中段突きでしたね。


堤 小手返


始めたばかりのころは、手首の関節を痛めないように、小手を返す動きまででした。


横田 小手返



今回は、地面に倒して制し、固めて短刀を取るまで、一連の技の稽古です。

動画を見てみましょう。




<「小手返」動画は上の画像をクリック!>


前回の動画と比べると一目瞭然だと思います。

お互いが動きに慣れて、スムーズに技に入っていけていることがよくわかります。


まい 小手返



また、受身の取り方を稽古したこと、打ち込みの基礎を覚えたことで受け側の安定感が増しています。



有賀 小手返



こうして、時系列で稽古の様子を見ていくと、積み上げたものが具体的にわかります。

一つ一つの稽古の意味も、より意識しやすくなりますよ。



溝上 井月 小手返


ブログの以前の動画を何度か見返すのも、良い稽古になると思います。

最後は宣伝っぽくなりましたが。






Posted on 2015/06/09 Tue. 16:38 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  受身  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の二十七、手首の柔軟(一)  

大東流合気柔術の技は、そのほとんどが手を使って「崩し」をかけていきます。
(達人と言われる方々はその限りではないのでしょうが・・・)

なので、手首を自由自在に動かせるようにしておくことがとても大事なのです。

ゆみ2

柔術というのは、柔らかく、絡みつくように行う術だと教わったことがあります。

もちろん全身を柔らかく使え、という教えなのでしょうが、とりわけ肩、手首など関節の可動域を広げていくことは重要です。

今回は、道場の基本稽古で行っている手首の柔軟体操を紹介します。


<「手首の柔軟(一)」動画は上の画像をクリック!>


鎌手詰(かまてづめ) : 手を農具の「鎌」の形にします。その手の甲をもう一方の手で包むようにして、ゆっくり息を吐きながら曲げられるところまで曲げます。
脇を締めて行います。

小手返し : 掌を上に向け、両手を重ねます。下の手の小指、薬指、中指で上の手の母子丘を掴み、下の手の親指を上の手の甲、小指と薬指の付け根にあてます。
そのまま、指を立てるようにしてひねります。小手(肘から手首まで)をねじる体操です。
小手返アップ

最初は、慣れない痛みでブルーになるかもしれませんが、くじけてはいけません。
柔軟体操ですので、無理をせずに、筋肉を硬直させないようにやりましょう。

Posted on 2015/04/30 Thu. 20:40 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  鎌手詰  小手返 
tb: --   cm: 0

其の十三、小手返  

刃物を持った相手に突きかかってこられたら、どうするか?その対応法として考えだされたのが「短刀取り」という各種の技です。ここで紹介するのは「小手返」。

これまで積み重ねた基本の動きが、技の各所に活かされます。
相手の攻撃線から外れるための入身、転換。次の動作に移るための体の捌き。
自分の姿勢を保ったまま技を行うことも重要です。



「刃物で???」そんなことは起こらないと思う方が殆どでしょうし、実際そんなことが起きないまま生涯を終える人の方が圧倒的多数のはずです。

でも、包丁で突きかかられなくとも、ある瞬間に人生を左右するような決断を下さなければならなくなったら?
pnk11.jpg
冷静に、相手や状況に圧倒されることなく、自分の尊厳を保ちながら、尚且つ正しいと信じる選択を行わねばなりません。あらゆる意味で「生き延びなければ」なりません。

そこに、古武術である大東流を修行する意味があるのではないかと私は思っています。


Posted on 2015/04/10 Fri. 21:15 [edit]

category: 短刀取

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 小手返  短刀取り  合気柔術  入身  大東流  転換 
tb: --   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top