次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 11月23日(木・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百五十七、小手をとる 大東流合気柔術 東京稽古会  

これまでにも何度か小手返という形を取り上げてきました。
相手(受け手側)の攻撃方法に対応して、捌き方や崩し方は変わりますが、相手の手を「小手返」のかたちに捕るところは共通しています。


小手をとる2


今回は、その手の取り方をクローズアップして解説します。

まずは動画を見てみましょう。






ここでは交叉捕に捕られます。これが両手捕や正面打ち、あるいは胸捕になったりするわけですね。

さて、手首を捕られたら、あわてずに捕られた腕を外側に回します。

おっと失礼。
ここで「腕を回す」という表現が誤解を生むんですね。

いつも言っているように、肩から先の「小手先」で腕を回してはダメなんです。
相手に力が伝わっていきません。

そうではなく、腕は必ず自分の正面で操作しましょう。
そこに、腰の回転が加わることで、あたかも腕が外側に回っているように見えるんでしたね。


小手をとる3


このとき、指をしっかり開いて操作してください。
こうすることで、相手の親指の内側に、自分の拇指丘が引っかかっていきます。
力で押し込むのではなくて「引っかける」感覚が重要です。

身体全体を使って上手く相手の親指を引っかけたら、もう片方の手を自分の前に伸ばし、相手の拇指丘を捕ります。

この時に、小指を手首と拇指丘の境目、膨らんでいるところに引っかけるようにしてください。
握りこむのではなく、「引っかける」。

相手が強くつかんで来れば来るほど、自分の手首を柔らかく使うことが上達の秘訣です。
そのときに有効なのが、「引っかける」操作法なんですね。


小手をとる1


さらに親指を相手の手の甲、小指と薬指の付け根の間の部分に当ててください。
最後に、相手の手の甲に、もう片方(掴まれていた方)の掌を添えるようにして斬り落とします。

初めは、指の位置が上手く合わずに慌ててしまうかもしれません。
練習を重ねるうちに、引っかけるポイントが分かるようになってきますよ。
稽古しましょう!



Posted on 2017/10/14 Sat. 11:47 [edit]

category: 交叉捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  小手返  正面打  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の百五十三、両手捕小手返 大東流合気柔術 東京稽古会  


今回は大東流合気柔術初伝の一ヶ条にある、小手返(立合)の解説を試みます。
形としては、相手(受け手)が両手捕で攻撃してくるところから入ります。

小手返はこれまで何度かこのブログで取り上げてきたように、受け側の攻撃が正面打ちであったり、片手捕であったり、交叉捕であったり、どんなパターンからでも移行できます。


両手捕小手返1


捕り手(技をかける側)も、本来の考え方としては、相手の攻撃に応じて、またその時の状況に応じて、一番崩しやすい手法を選択し、制するわけです。
形稽古といえども、そうした心構えを持ちながら行うようにしたいものです。

前置きが長くなってしまいました。動画を見てみましょう。





両手を捕ってきた相手の肘を伸ばし肩を詰めるようにします。その状態で相手をやや持ち上げるようにすると、相手の踵が浮きつま先立ちになります。
そのまま、両手を合わせるように重ね、相手の拇指丘に小指をかけるように捕ります。
この捕り方が「小手返」です。

小手返に捕ったら、反対側の手刀で、相手の親指を斬りこむようにします。
相手の体勢が崩れたら、さらに手の甲の指の付け根辺りに手刀をあてがうようにして斬りこみ、倒して制します。


両手捕小手返3


段取りをざっというと以上のようになりますが、この通りやれば出来るというわけではないですよね。

まず、相手の踵を浮かすというところで行き詰ってしまうと思います。
これは、前回「其の百五十二、くっつける」でやった身体操作が必要になります。
力の方向をしっかりと相手に向け、手首が「切れて」しまわないように攻め続けましょう。


両手捕小手返2


自分の中心に相手の力を乗せることも大事です。
手先ではなく、身体全体で相手に対処することを忘れないでください。

身体全体で動かすという操作は、その後の小手返に捕り、斬りこむときも同様です。
動画を見ればわかると思いますが、腕の動きと、腰の動き、足の捌きは常に連動しています。


両手捕小手返4


難しいと思いますが、形は一連の流れでとらえることも大事です。
ここに上げたポイントをひとつひとつ修練しながら、技をトータルで考えることを意識して稽古していきましょう。





Posted on 2017/09/03 Sun. 16:05 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 正面打  小手返  中心  手刀  合気柔術  大東流 
tb: 0   cm: 0

其の百十九、小手から崩す 大東流合気柔術 東京稽古会  

相手の正面打ちを捌きながら受け、小手を捕って崩し倒す技です。
前回使った、小指から握りこんでいく身体操作が応用されます。(「其の百十八、小指から崩す」)

いわゆる「居捕 小手返の型です。
相手の攻撃は中段突きでも、片手捕で行うこともあります。


小手から崩す5


動画を見てみましょう。





相手が打ってくるところを捌いて受けます。
そのまま、相手の打撃を止めるのではなく、受け流すようにして手を添え、小指丘に小指を絡みつかせるようにして握りこみます。

力任せに捕りに行かず、相手の攻撃の方向に同化するように操作するのがコツです。

小指から握る操作は、そうした「力任せにしない動き」をする際に非常に有効的です。
これは実際に相手の手を捕ることで修練するしかありません。
しっかり意識しながらやってみましょう。


小手から崩す3


さて、小指から搦める様に握りこみました。
親指は相手の手の甲、薬指と小指の付け根のところにつけます。

そして相手の側面に並ぶように膝を進め、刀で斬りこむように相手の小手を斬り落とします。
「小手を斬り落とす」と書きましたが、実際にはそれだけでは全く相手は動じません

つまり、小手だけを動かそうとしても、両膝を地面につけている相手は、ただ手を押し込まれているようにしか感じないんです。

大事なことは、小手を操作することで、肩~腰のラインを崩していくことです。
そのためには小手だけではなく、相手の肘を地面につけていく意識が必要です。


小手から崩す4


さらに、相手の背後に向けて斬りこむことが大事です。
よくやってしまうのが、相手から離れる方向に向けて斬り落としてしまうこと。
これでは、相手の中心(腰)には全く力が届きません。

結果、相手はノーリアクションに近い感じでただ座っているだけ、という哀しい状態になるんですね。


小手から崩す1


でもメゲないでください。
恥ずかしい想いを重ねて、ひとはきっと大人になっていくものですから。



Posted on 2016/09/02 Fri. 08:55 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  正面打  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の四十、小手返  

正面打ちからの小手返しです。

ゆみ 小手返


この稽古会が始まった最初のころにも一度、小手返しをやりました(以前の記事「其の十三、小手返し」)
その時は、相手の攻撃は中段突きでしたね。


堤 小手返


始めたばかりのころは、手首の関節を痛めないように、小手を返す動きまででした。


横田 小手返



今回は、地面に倒して制し、固めて短刀を取るまで、一連の技の稽古です。

動画を見てみましょう。




<「小手返」動画は上の画像をクリック!>


前回の動画と比べると一目瞭然だと思います。

お互いが動きに慣れて、スムーズに技に入っていけていることがよくわかります。


まい 小手返



また、受身の取り方を稽古したこと、打ち込みの基礎を覚えたことで受け側の安定感が増しています。



有賀 小手返



こうして、時系列で稽古の様子を見ていくと、積み上げたものが具体的にわかります。

一つ一つの稽古の意味も、より意識しやすくなりますよ。



溝上 井月 小手返


ブログの以前の動画を何度か見返すのも、良い稽古になると思います。

最後は宣伝っぽくなりましたが。






Posted on 2015/06/09 Tue. 16:38 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  受身  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の二十七、手首の柔軟(一)  

大東流合気柔術の技は、そのほとんどが手を使って「崩し」をかけていきます。
(達人と言われる方々はその限りではないのでしょうが・・・)

なので、手首を自由自在に動かせるようにしておくことがとても大事なのです。

ゆみ2

柔術というのは、柔らかく、絡みつくように行う術だと教わったことがあります。

もちろん全身を柔らかく使え、という教えなのでしょうが、とりわけ肩、手首など関節の可動域を広げていくことは重要です。

今回は、道場の基本稽古で行っている手首の柔軟体操を紹介します。


<「手首の柔軟(一)」動画は上の画像をクリック!>


鎌手詰(かまてづめ) : 手を農具の「鎌」の形にします。その手の甲をもう一方の手で包むようにして、ゆっくり息を吐きながら曲げられるところまで曲げます。
脇を締めて行います。

小手返し : 掌を上に向け、両手を重ねます。下の手の小指、薬指、中指で上の手の母子丘を掴み、下の手の親指を上の手の甲、小指と薬指の付け根にあてます。
そのまま、指を立てるようにしてひねります。小手(肘から手首まで)をねじる体操です。
小手返アップ

最初は、慣れない痛みでブルーになるかもしれませんが、くじけてはいけません。
柔軟体操ですので、無理をせずに、筋肉を硬直させないようにやりましょう。

Posted on 2015/04/30 Thu. 20:40 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  鎌手詰  小手返 
tb: --   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top