次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 9月18日(月・祝) 14時00分から16時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。



また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百五十四、腰で動く 大東流合気柔術 東京稽古会  



前回やった形「其の百五十三、両手捕小手返」の後半部分で、上半身と下半身の動きは常に連動していなければならないと言うくだりが出てきました。

稽古をしていても、ここのところが言葉では理解できても実感としてどういう効果があるのか、また動きの訓練法が良く分からないという感じを受けます。


腰で動く3


これまでにも何度か取り上げた身体操作ではありますが、今回その部分をもう一度分かりやすく解説していきます。

動画を見てみましょう。





相手が両手捕に捕ってきます。捕られた手を真っ直ぐ中心に伸ばすようにしてください。手が交わりましたね。
重なった手の上手側を相手の手の甲を押さえるように乗せます。

次に、上手側の足を一歩踏み出すと同時に腰を回転させます。
この時に自分の手は中心に置いたまま腰の動きに追随させることが重要です。

しっかりと相手に力が伝わっていれば、相手は腰から崩れて、倒れて行きます。


腰で動く2


やってみると分かりますが、実際にはそう簡単に相手は崩れてくれません。
上半身の力で抵抗してくるので、お互いに力比べみたいになって押し合いへしあいする…という光景を稽古場では良く見ます。

実はここが一番難しいのですが、相手に手首を捕られたその瞬間に、腰でその力を受け止めることが出来ないといけないんです。受け止める…いや、吸収すると言った方がいいかな?これは各自それぞれ固有の感覚として体得しなければいけない部分ですね。


腰で動く1


攻撃を受けたときは、肩から先の力で押し返してしまいがちです。
それを、押しこまれるのではなく、突き返すのでもなく、柔らかく体全体で受け止めること。

腕を伸ばし手を重ねるときにも、肩から先の力で伸ばすのではなく、身体全体を使うことを意識しましょう。
そこを突き詰めて稽古していくと、相手を崩す際の上半身と下半身の連動のコツもつかめてくるはずです。








Posted on 2017/09/16 Sat. 09:31 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  連動  中心 
tb: 0   cm: 0

其の百五十二、くっつける 大東流合気柔術 東京稽古会  


相手が攻撃してくる動きを受けて、反対に自分の思う通りに相手を動かしてしまう、そんな身体操作法です。


くっつける4


何を言ってるかわかりませんよね。
私も、今回のブログをどう書き出そうか、小一時間悩みましたが、結局こんな訳の分からないものになってしまいました。

難易度高いんです、この動きは。
とにかく動画を見ましょう。





両手首を捕りに来た相手の力を、身体の中心、腰で受け止めます
肩から先の力で止めてはいけませんよ。動きが硬くなってしまいます。

指先を柔らかく開き、手の甲を相手の掌に密着させるようにします。
そして、相手の首元に力の方向が向くようにします。ちょうど刀を構えるような意識ですね。

相手の肩が詰まったら、その状態を維持しながら、両腕の下をくぐるようにします。
すると、相手の腕は交叉して、自ら絡みつくようになります。さらに肩の詰まりがきつくなり、身動きが取れなくなります。
ここまで出来れば、前に投げるなり、後ろに倒すなり、好きなように操ることが出来ます。


くっつける2


正直に言うと、まだ私はこの操作法を自分のものに出来てません。
相手によって、出来るときもあれば出来ないときもある、そんな感じです。

目下修行中の身で解説などおこがましいのですが、自身の修養も兼ねて、ポイントを整理してみます。

まずは、相手の掌に自分の手の甲を密着させること。掌の膨らんだ部分を攻めるような意識で行います。力が常に相手の方に向いていることも大事です。


くっつける3


次に相手の肩を詰めた時、力のバランスを崩さないように動くこと。
そのためにしっかり相手を自分の身体の中心、つまり腰に乗せることが出来ているかどうか、が大事なんです。

どうしても、密着させることを意識するあまり、手首を動かして相手との接点をコントロールしがちです。そうすると、接点は「切れて」しまいます。


くっつける1


言葉で書くのは簡単ですが、これを実際に行うことは非常に困難です。
そこに挑むためにも、稽古しなくては!



Posted on 2017/08/23 Wed. 15:42 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の百五十一、小指丘にかける 大東流合気柔術 東京稽古会  

片手を掴んできた相手を崩し制する動きです。
身体の使い方の修練として、やってみましょう。


キャプチャ小指丘にかける4


捕られた手を、ある部分に引っかけることで、相手の体勢を崩れやすくしていきます。

動画を見てください。





相手が手首を捕ってきます。
やや身体を外側に捌いて攻撃線を外します
同時に当身。相手の顔に腕を伸ばします。これは打撃を目的としたものではなくて、相手に身体を反らさせ、十分な体勢のままいさせないようにするためです。


小指丘にかける3


そうしながら、相手の手の外側手刀を回します。
そのまま手刀を振りかぶり、斬り下げます。
すると、自然に相手の掌の膨らんだ部分、小指の付け根のところに自分の手が当たります。


次に腕を伸ばすようにして、身体を開きます
相手の腕が一本になって自分の正面に来ますので、肘に空いている方の手刀を当てます。


小指丘にかける2


両手を斬り下ろすようにすると、相手は崩れます。
そのまま、地面に相手の肩、腕をピタリとくっつけるようにして、固め、制します。

ポイントは、手刀の動きと身体の動きを連動させることです。
相手の手首が自然と折れて、小指丘の膨らみに手刀を絡めることが出来たら成功です。


小指丘にかける①



捕られた手を意識しすぎると、手先を振り回してしまいがちです。
そうではなく、手刀はあくまでも縦に上下させるようにしてみてください。
自分の中心で使うんですね。

そうしながら、足、腰を使って身体の向きを変えます
すると、小手先で動かしていた時に崩れなかった相手が、あっさりと倒れてくれるようになりますよ。






Posted on 2017/08/08 Tue. 20:06 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の百五十、手をとる 大東流合気柔術 東京稽古会  


相対稽古による基礎鍛錬法です。

相手の手首を捕って詰める側は、言うまでもなく握る際の身体の使い方を鍛錬します。
一方、捕られて詰められる側も、手首の鍛錬になります。痛いけど


肩を詰める3


立って行うことも多いのですが今回は双方座って行います(居捕)。

動画を見てください。





小指から締めるように相手の手首を捕ります。
相手の肩先を剣の切っ先に見立てて中段に構えるように腕を伸ばします。
自然と、腕の動きは中心に絞り込むようになりますよね。

この時に、相手の肘が伸びて、手首から肩までが一直線になっていることが大事です。
そうすることで、相手の肩を詰めていきます。


肩を詰める1


最初のうちは、手首にばかり力が入ってしまいます。
何とか力づくで相手を持ち上げようとしてしまうんですね。
恥をしのんで言いますが、私は今でも体格差のある(大きい)人と稽古すると、そうなってしまう傾向があります。
そうすると、なおさら相手には力が伝わりづらくなっていくんです。

しっかりと相手の重心の下に入りましょう。
足の上に重みを乗せるようにすることがコツです。

感じがつかめてきたら、人差し指の付け根を相手の尺骨に張り付けるように意識してみてください。手首関節のくびれに親指がしっかりかかっていることが必要です。
ただし、あまりこのことに拘りすぎると、余計な力が入ってしまうので注意すること。


肩を詰める2


この鍛錬、立ってやると、身体を動かすことが比較的容易ですが、居捕の場合にはより微妙で精細な重心の移動が必要になります。
少し難しくなるんですね。
確かに痛いのですが、いたずらに嫌がらず、お互いに研究する気持ちで相手を導いてやりましょう
そうすることで、自分自身も力を発揮する筋道を意識しやすくなりますよ。


Posted on 2017/07/29 Sat. 16:49 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  丹田 
tb: 0   cm: 0

其の百四十八、交叉捕小手返  


何度か取り上げた「小手返」です。
今回は受け手に「交叉捕」の形で攻撃を受けた場合の対処法です。


交叉捕小手返1


小手返しにはいくつかのポイントがありますが、今回は手首の捕り方を中心に解説していきます。

動画を見てください。





相手に手首を捕られます。攻撃線を外側に捌きながら、空いた方の手で相手の手首をつかみます。
この捕り方が「小手返」なのですが、どこを掴んでもいいというわけではありません。

まずは、自分の小指が相手の母指丘のふくらみにしっかりと掛っていること。
さらに親指が相手の手の甲、薬指の付け根あたりに当たっていること。この状態で固定できているのが「小手返」です。


交叉捕小手返3


何度も言っているように、強く握りしめるから相手が崩れるわけではないですよ。
「引っかけて」「固定する」ことが重要です。
そして全身の連動で崩していくんですね。

ここでちょっと練習してみましょう。
自分の左手の掌を顔の前に掲げてください。次に右手を肘に当て、親指と小指で輪を作るようにして、上腕部から手首に向かって滑らせてみてください。
右手の小指が、左手の母指丘のふくらみに引っかかりましたね。

この感覚を覚えてください。


交叉捕小手返2


さて、正しく掴むことが出来たら、後は身体の連動です。
形の名前は「小手返」ですが、小手先の技になってしまってはかかりませんよ。
必ず足を使ってしっかり体の向きを変えることが重要です。掴んだ相手の手首を、自分の中心で操作してください。


交叉捕小手返4


相手を倒そうと思うあまり前かがみにならないように正しい姿勢で斬り落としてくださいね。
稽古を重ねれば、必ずできるようになりますから。


Posted on 2017/07/05 Wed. 11:52 [edit]

category: 交叉捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  姿勢  丹田 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top