次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 3月11日(日) 11時から13時まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。




また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百七十二、崩す(両手捕) 大東流合気柔術東京稽古会  

攻撃を受けながらも相手を崩して制する身体操法の第2弾です。
前回は片手捕でした。今度は両手首を捕られます。


崩す(両手捕)1


両手を押さえられているわけですから、より不利になると考えるのが自然ですが、
大東流では必ずしもそうではありません。
相手との接点を利用して力を伝えていくという思考法をもつこの古武術では、接点が多くなるほど有利に転じさせることが可能なんですね。

まず、動画を見てみましょう。





受け手側が両手捕で攻撃してきます。

捕り手(技をかける方)は真正面からぶつからずに、相手の攻撃線をずらしながら両手の接点を上下に操作していきます。
動画にあるように、相手の力と当たらず、且つ自分の力が逃げないところを探りましょう。これは稽古を積むことが一番の近道ですが、少しだけコツをお教えしますね。


崩す(両手捕)2


それは、腕に力を入れて操作しないことです。
これも実際に試してみればわかりますが、上下に動かす腕を肩から先の力で動かした途端、相手は抵抗してきます。
相手からしてみれば、動きを封じようとして掴んできているわけですから当然の反応ですよね。
そのために、肩から先の腕部分は脱力させながら動かさなければなりません。

「脱力」とは力がなくなってフニャフニャになることではありません。指先までしっかりと張りを作りながら、腕の中に力の芯を通すような感覚が必要です。
これは以前「其の百六十七、真下に沈む」で解説した思考法に通じます。そちらも参照してください。

その腕の状態を作れたら、今度は全身の動きと連動させながら上下に分けていきます。腕だけ、足だけを動かさないでくださいね。上半身と下半身が一体となれば、あっさりと技がかかりますよ。


崩す(両手捕)3


それでも出来ないという方のために、さらに秘訣があります。手刀を動かす軌道を相手の体のむにゃむにゃもにゃ・・・
これ以上言うと怒られそうなので(誰に?)続きは道場でお伝えしますね。
東京稽古会で、お会いしましょう。

Posted on 2018/02/16 Fri. 18:51 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  連動  攻撃線  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の百七十一、崩す(片手捕) 大東流合気柔術東京稽古会  

相手の攻撃を受け止めつつ崩す身体操法です。
片手捕と両手捕の場合を、2回にわたって解説していきますよ。


崩す(片手捕)


前回(手刀詰)でも触れましたが、受け手側もしっかりと攻撃することが大事です。
そうすることでお互いに稽古の効果が上がりますから。

動画を見てください。





相手が片方の手首を握ってきます。
軽く身体を開くように捌きながら握られた側の手刀で相手を攻めます。
次に大きく身体を開いて、手刀を返します

身体を大きく開くことで、相手の倒れるスペースを作るんですね。
それとともに手刀を返すように動かすことで、相手の体勢が崩れます。
小手先だけを動かすのではなく、手刀全体を斬り払う意識が重要です。
手刀は腕全体であることをイメージしてください。
今回のポイントはここですよ。


崩す(片手捕)1


崩れたところで相手の肘をもう片方の手刀で斬り落とします。

前傾にならず、自分の足元に連れてくるような意識で行ってください。
自然と体勢が低くなるはずです。

肩を膝で押さえるようにして、止めを刺します。

動画の手本は、ほとんど身体を動かしていないように見えますが、実際にはあの動きで、攻撃線を外し肩を詰め大きく崩しをかけています。
それぞれの動きが小さすぎて分からないんですね。


崩す(片手捕)2


初心者のうちはああいう風にはなかなかいきません。
慌てなくてもいいので、最初は大きく確実に動かしていきましょう。

骨盤を安定させ、正しい姿勢を保ちながら、腰の動き、下半身の動きと連動させて下さい。
そうすることで、地面からの大きな力を相手に伝えます。それが精密に出来るようになるほど動きは小さくなっていきますから。
稽古しましょう!


Posted on 2018/02/09 Fri. 18:39 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  姿勢  攻撃線  中心  連動 
tb: 0   cm: 0

其の百六十七、真下に沈む 大東流合気柔術 東京稽古会  

新年あけましておめでとうございます。
今年、大東流合気柔術東京稽古会は創設4年目となります。
ここまで継続できたのもひとえに皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。
初心を忘れず、これまで以上に精進していく所存です。
どうぞ、この動画解説ブログともどもに、お引き立てのほどよろしくお願いいたします。


真下に沈む1


さて、本題に入りましょうか。

またちょっと不思議な動きが出てきましたね。
平成30年の開幕はこの「真下に沈む」からです。解説むずかしいですけど。

動画を見てみましょう。





受け手が交叉捕で捕ってきます。

捕り手側は「そのまま」相手の出足に触れるようなイメージでしゃがみます。




で・・・?


それだけです。


なんだか無責任なようですが、
単純に動きだけを解説すると本当にそれだけなんですね。

ただ、この「そのまま」しゃがむというのがかなり難しいんですね。
どうしても掴まれた腕で相手を引っ張ってしまいがちです。
そのために「力を抜け」と指導されますが、ただ力を抜くだけだと相手の腕はついてきてくれません。


真下に沈む2


悩ましいのですが、相手に掴まれている(ここでは手首)接点と自分の中心との位置関係は変えずに動くことが必要です。
そのために「力を入れないのだが、芯は通っている」状態を作らねばなりません。
自分の身体に「芯」のような力の通り道を仮想して、その「芯」を「固定する」意識を修得しましょう。

そして、それを突き詰めていくと、無意識に、本当に「落ちているものを何気なく拾う」ような感じに行きつきます。
それが一番かかり易いんです。

こちらが相手に何かを入力しようとしなければ、相手もそれに対して抵抗心を起こす余地が限りなく少なくなります
そうするうちに体軸上に重心を持ってこられて、崩されてしまうというのがこの動きのカラクリです。


真下に沈む3


動画の後半で、先生が「少し腕を前に出して」しゃがむという方法を提示していましたが、これは予備的に崩しを入れてから技を始めるパターンです。
最初はその方が理解しやすいかもしれません。

ただそれよりも、「力を入れず」に「力を通す」意識を養成してみましょう。
この意識は昨年来、東京稽古会の自主稽古で何度か取り上げてきました。

今年も引き続き鍛錬していきましょうね!






Posted on 2018/01/03 Wed. 10:58 [edit]

category: 交叉捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  中心  重心 
tb: 0   cm: 0

其の百六十六、搦投 大東流合気柔術 東京稽古会  

今回は搦投(からめなげ)です。
この型は大東流合気柔術の中でも特徴的な、大東流らしい」技だと思います。あくまで個人的にですが。


搦め投げ1


関節や身体の構造を利用して技をかけることで、相手はひとりでに固まっていくんです
「自縄自縛(じじょうじばく)」という言葉がありますが、そんな感じですね。

まずは動画を見てください。





受け手側の攻撃は「胸捕正面打です。
前襟をつかんだ状態から、正面打ちを打ちこみます。
捕り手側は、通常の正面打ちの時と同じく、相手の攻撃線を外して手刀を受けます。

ただ、胸倉を掴まれていますから、大きく動くというよりは、わずかに「太刀筋をかわす」くらいの捌きが良いでしょう。
ここで、前々回解説した重心の移動」が活きてきます。


搦め投げ2


大事なことは、胸を掴んだ相手の腕と、正面打ちを打ってきた相手の腕を深く交叉させることで、相手の肩を詰めてしまう操作です。
この時に大きく自分の位置を動かしてしまうと、ピシャッとハマらなくなるんですね。
これは私自身の稽古から来る感覚なので、人によっては違うと思われる方がいるかもしれません。

しっかり相手の肩を詰められたら、正面打ちを打ってきた腕を、相手の下腹部に向けてくっつけます。
動画で先生が言っているように、「相手の手刀で斬りこんでいく」イメージです。

腕を横に振り回さず、縦に斬ること。
自分の中心で操作することを心がけてください。


搦め投げ3


相手の両腕が、肘の上、二の腕の中間部分で交差しているような状態になっていれば、相手は自分から腕を絡みつけていくような状態になります。
肩関節を詰められて、そこから逃れようとして、さらに行き場を失っていくような状態ですね。

その交差部分を弛めないように、倒し、固めます。

固め方については…ちょっと文章にはしづらいですね。

ということで、この続きは道場でお伝えします!。
東京稽古会で、お待ちしていますよ。



Posted on 2017/12/30 Sat. 10:54 [edit]

category: 胸捕正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  重心  攻撃線  正面打 
tb: 0   cm: 0

其の百六十二、肘を伸ばす 大東流合気柔術 東京稽古会  


前回まで、「肘を制する」というテーマで3つの型を取り上げてきました。

可動域の少ない肘関節の逆をとることで、相手に力を伝えやすくするというのがその本論でしたね。


肘を伸ばす3


今回はその補足です。
肘を伸ばすことによって、どう相手を崩すのか、その身体的構造を解説して行きたいと思います。

動画を見ましょう。





受け側の攻撃は片手捕です。
手首を握ってきた相手の外側から手刀をかけます

自分の親指(拇指丘を含みます)が相手の小指丘側に引っかかっている状態を作ってください。
この時出来るだけ密着させるように操作することが大事です。
そのために重要なのは…


肘を伸ばす2


そうです。
力をこめて握りこまないことでしたね。
「引っかける」操作に習熟すると、その意味がつかめてきますので、意識して稽古してください。

ただ、実際にこの身体操作法を稽古してみた人は感じたと思いますが、なかなか相手の身体が崩れるところまでには至らなかったはずです。

それは、「相手の肩から先しか動いていない」からです。


肘を伸ばす1


手刀を振ることによって、相手との接点となる手首が動く、これは当たり前です。
そこから、肘を経由して肩までは力を伝えやすい。
ただ、肩関節は肘とは違って可動域が大きいんです。背面以外、自由に動かせます。
ですから相手の中心部は崩れにくいんですね。


肘を伸ばす5


大事なことは、接点を通じて相手の脇腹(背中を含む)を伸ばさなければならない、ということ。
体側部の脇腹、背中が伸びると、相手の中心にまで力が伝達されます。
そうなって初めて、肘関節を伸ばして制していくという目的が達成されます。


肘を伸ばす4


そのためには、これまでにも何度も言ってきたように、捕り手側(技をかける方)が小手先で(肩から先の力で)操作しないことが必須になります。身体全体を連動して、手刀を操作してください。
そして、手首~肘~肩だけでなく脇腹から腰にかけて、相手の中心を攻める意識を持ちましょう。


Posted on 2017/11/30 Thu. 17:16 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 手刀  中心  連動  大東流  合気柔術 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top