次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 3月11日(日) 11時から13時まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は2000円です。 参加ご希望の方は 左上のメールフォームよりお問い合わせください。




また、自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百六十一、肘を制する(裏落) 大東流合気柔術 東京稽古会  

3回にわたった「肘を制する」シリーズも今回が最後となります。型は「裏落」です。

これまで「逆腕捕」「肘返」と取り上げてきました。どちらも胸を掴んできた相手の腕を捉え、捌きを入れたり角度を変えることで制する操作法でしたね。


肘を制する(裏落


裏落も考え方は同じですが、お互いが立っている分、相手との距離感が大事になります。間合いですね。

動画を見ましょう。






相手(受け手側)が道着の二の腕の辺りを掴んできます。袖捕ですね。
毎度言っていることですが、掴まれたら次の攻撃を受けないために捌きます。

その時に、ただ捌くだけではなくて、相手が掴んでいる接点を利用して、肘を制してしまうんです。

相手の出方によって微修正は必要になりますが、基本的には相手の横に並ぶように足を進めます。
気をつけたいのは、この時に相手に掴まれている袖の位置がブレることです。
どこに自分が動いても、自分の身体の中心を基準にして、相手との接点は同じ位置にあることが重要です。
そうしないと、相手は崩れてくれません。


肘を制する(裏落)1


捌きを入れたら、接点は相手から離れます。必然的に相手の肘は伸びる方向です。
ただ、あまりに距離が空き過ぎると相手を引っ張ることになってしまいます。
すると、抵抗されるか、くっ付いてこられるか。いずれにしても上手くいきません。

相手を引っ張らない適切な位置に移動しながら、こちらも相手の袖を掴みます。
先生が動画内で言っているように、小指から巻き込むようにして握ってください。


肘を制する(裏落)3


さらに、相手が掴んでいる接点と、自分が掴んでいる接点とを一つの直線と意識して、
その角度を変えます

その時に肘の逆関節をとって、肩を詰めるようにしてみましょう。
ぴたりとハマれば、相手は爪先立ちになって無力化されます。
これは実際にはかなり難易度の高い操作ですが、それだけに稽古のし甲斐があります。


ここまで出来れば、後は相手の裏(背中)に踏み込んで投げ倒すだけです。
なかなか、そうはいかないですけどね。


肘を制する(裏落)2


さて、「肘を制する」というテーマで3つの型を解説してきました。
技へのアプローチはこの他にもいろいろありますが、肘の逆関節をとるという考え方は比較的理解しやすいですよね。

これからの稽古でもこの考え方を意識すると、幅が広がるんじゃないでしょうか。





Posted on 2017/11/21 Tue. 19:30 [edit]

category: 袖捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  中心  体重移動 
tb: 0   cm: 0

其の七十二、立合一本捕  



以前にも解説したことのある一本捕です。 (過去記事 「其の十四、一本捕」「其の四十六、居捕一本捕」
今回は立合、そして受け側の攻撃は正面打ちです。


立合一本捕3


打ってきた相手の正面打ちを手刀で受けます。
これまでにも何度か解説しましたが、はね返すのではなく、「受け止める」感覚が必要です(過去記事「其の六十一、前に倒す」)。

相手の打撃を捌き、肘を制します。さらに当身で崩した後、腕を斬り落とすようにして倒します。

動画を見てみましょう。





一本捕は、大東流合気柔術の基本であって、また極意でもあると教わってきました。
何度繰り返しても、その言葉通り、新しい発見がある奥深い技です。

なので、この技のポイントは多岐にわたるのですが、今回は「当身」と「体重移動」について解説します。


立合一本捕1


当身を入れるときには、手だけで突くのではなく当たるところまでからだを動かします。
丹田」を意識して出る稽古をこれまでに何度かやったことを思い出してください(「其の六十二、触れに行く」など)。


先生のお手本では、肘を制した後、当身を入れています。
ここでの当身は相手にダメージを与えるための打撃というだけでなく、自分の身体全体で相手を崩すための操作の意味合いが強いと考えてください。


立合一本捕4


からだ全体で出ることによって、肘を制した手からの力が相手に伝わります。
丹田」から出る力を効率よく相手に伝えるところに、これまでの修練が生きてきます。


立合一本捕5


さらにからだを移動させるときには、「寄せ足」をすることがポイントです。
「寄せ足」とは、進めた足の方に残った足を引き寄せることです(「其の四十九、すり足」「其の五十、足の捌き」)。


立合一本捕2


こうすることで、移動した側の足にしっかり体重を乗せることが出来ます。
かなり技の効き方が違ってくることが実感できるはずです。

Posted on 2015/12/04 Fri. 10:55 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  からだ  丹田  手刀  一本捕  正面打  当身  体重移動 
tb: 0   cm: 0

其の十五、逆襷  

「タスキ」というものを使った経験のある方がどれぐらいいるでしょうか?

何か作業をするとき、袖や袂(たもと)が邪魔にならないようにおさえるための布や紐のことですが、和服を着て生活することなどない殆どの人にとって、無縁のものですよね。

身近にあるタスキと言えば、駅伝のバトンの代りをしているやつ、ぐらいでしょうか?選挙演説のとき、候補者が名前をでかでかと書いてるアレも、そうですね。

ekiden.jpg


でもあれは、本来のタスキの役割に使うものではないので、輪っかを斜めがけにしているだけです。実際にはタスキは背中で斜めに交差します。

今回の技の「逆襷(ぎゃくだすき)」は、相手の胸に斜めに腕を絡めていくところから、その名がついたものと思われます。背中ではなく、胸に巻きつけるので「逆襷」。なかなかいいセンスだな~と感じます。



相手の攻撃に対して「入身」。巻き付けるように腕を添わせます。さらに体そのものを相手の身体に密着させるように「体重移動」し、崩します。

腕の力で制しているように見えますが、実際にやってみると相手の体の重心を崩すのは、腕の力だけでは無理があります。また、力任せに腕力を使うと強い抵抗を受けます。

相手の身体を崩したいなら、自分の重心を移動する。大東流の身体操法、考え方が、ここでも活かされます。

Posted on 2015/04/12 Sun. 21:08 [edit]

category: 短刀取

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  古武術  合気柔術  受身  逆襷  入身  体重移動  重心 
tb: --   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top