次回の稽古スケジュール

次の本稽古は 7月22日(日) 10時半から12時半まで
場所は BumB東京スポーツ文化館 柔道場  です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、8月5日(日)にも本稽古を行います。自主稽古は随時開催しています。詳細はお問い合わせください

其の百九十四、巻き込む 大東流合気柔術 東京稽古会  



通常は片手で行う手刀詰」を両手でやってみましょう。
やるべき基本は同じですが、片手の時とは違って気を付けるべきところがいくつかあります。

また、この相対稽古ですが、実際に受け手側が力いっぱい握ってきたときにこういう形で極め落とすことが出来るかというと、少し難しいです(よほど達人なら話は別ですが)。


巻き込む3


あくまで、この動作は「手首の鍛錬」の一環だと考えてください。
相手の手首を捕ることによって、技をかけられ、手首の柔軟性を高めるのが目的です。
決して、(技に)かかるものかと意地になったり、反対に相手を必要以上に痛めつけるようとすることはやめてくださいね。

二人で行う柔軟体操、くらいの意識でやりましょう。

前置きが長くなりました。動画を見てください。





両手を捕られますが、まずは片手捕の手刀詰めと同じように、片方ずつ手刀を操作していきます。
そのとき、反対側の手刀はしっかりと相手に対して張りを作っておいてください
そうすることで、抵抗なく手刀を操作できます。

外側から手刀を突きこんだら、同じように反対側の手首にも手刀をかけます。

さて、ここで上手くいかない人は、自分の肩を意識してください。
力が入っていませんか?脱力してください


巻き込む1


それでもうまくいかない人は、今度は膝の力を抜きましょう
肩を抜き、膝を抜いたら、自ずと手首の力が抜けてきます。

そうすることによって、相手の手首に自分の手刀が絡みつきます。

大東流合気柔術にはその名の通り、柔らかく絡みつくような動きで相手を制していく技法が多くあります。
指先までしっかりと張る意識を持ちつつ、柔らかく脱力して、まさに「巻き込む」ようなイメージで相手の手首を攻めましょう。


巻き込む4


簡単には修得できませんが、稽古のし甲斐のある操作法ですよ。




Posted on 2018/07/19 Thu. 17:42 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  姿勢 
tb: 0   cm: 0

其の百九十三、峰で攻める 大東流合気柔術 東京稽古会  



自分の手を剣に見立てて操作する。
大東流合気柔術の基本となる考え方「剣の理合」のひとつです。

今回はそのバリエーションとして、剣の「刃」の方ではなく「峰」を使って相手を崩していく動きをやってみましょう。


峰で攻める2


「峰を使って」?どういうことか、分かりませんよね。
動画を見てください。





相手が道着の二の腕の部分を掴んできます。「袖捕(そでどり)」です。
相手の攻撃線を外すようにやや外側に捌きながら、手刀を親指の方から相手の上腕部に絡めるように差し込みます。

ここがポイントです。
以前、自分の腕を「小指側が刃になった剣」として映像化してイメージしよう、と書いたことがありました。
小指側=刃ですので、親指側は刀の背の部分、つまり「峰」となります。
刃がついていないので斬ることはできませんが、硬く丈夫なので強い打撃を与えることが出来ます。
「峰打ちじゃ、安心せい」なんて時代劇の台詞を聞いたことがある人もいるかもしれません(年配者に限ります)。

この峰の部分を使うことで、腕を反すような動きで相手を攻めることが出来ます。


峰で攻める1


動画にもありますが、相手の肘と、自分の肘が一直線になるように突き込みましょう。
腕だけで操作するのではなく、剣を使う意識で、身体全体の動きと連動させてくださいね。

さらに大事なのは、手刀を柔らかく使うこと。
脱力して、芯を作る意識を思い出してください。

柔術特有の「絡み付ける」動きで、相手の手首を殺すんですね。
このときに腕に力が入っていると、抵抗が出来て、うまくいきません。


峰で攻める3


うまく剣を差し込むことができれば、相手は崩れます。
面白い動きですよ。東京稽古会で、やってみませんか。




Posted on 2018/07/12 Thu. 17:36 [edit]

category: 袖捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

其の百九十二、真ん中に集める  


相手との接点を真ん中で操作する動きの最終回です。

今回取り上げるのは「裏落」
前々回の「真下に落とす」でやった動きの発展形になります。


真ん中に集める1


「裏落」は初伝の一ヶ条に出てくる型ですが、その基本形は、相手の裏に踏み込んで重心を後ろにかけさせ、腕を反す動きで腰を崩し、そのまま真下に落とすというものです。

ただ、今回は相手に踏み込むときに、肘の関節をとって崩すやり方で倒していきます。

動画を見てください。





相手が二の腕のあたりの道着を掴んできます。袖捕(そでどり)ですね。
受け側は、ただ掴むのではなく、相手に刀を抜かせないように押さえるイメージで掴んでください。
受け側の攻撃の強度も大事な要素ですよ(「受け手の攻撃について」)。

袖を掴まれたら、自分も軽く肘を曲げ、相手の袖に小指を引っかけましょう。
次に相手に並ぶように前進するのですが、袖を引っ張ってはいけません。


真ん中に集める3


何度も言うように、脱力して芯を作った状態で出ます。
このときに、空いている方の腕も、合掌するように自分の中心で上げてみてください。

ちょうど相手の肘の上あたりで接触しますよね。

こうすることで、全身で前に出ながら、身体全体の力で相手の肘を極めるような状態になります。


真ん中に集める4


腕の力で持ち上げようとするのではなく、あくまで真ん中に力を集めてくるようにしましょう。身体を連動させることが秘訣です。

相手の腰が浮いたら、お辞儀をするように前傾します。
真下に相手を落とすように倒し、固めます。


真ん中に集める2


真ん中で接点を処理する操作法は、どの型の中にも入って来る要素です。
修練して、ぜひ身につけてくださいね。

Posted on 2018/07/05 Thu. 17:29 [edit]

category: 袖捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  中心  重心  連動 
tb: 0   cm: 0

其の百九十一、受け手の攻撃について 大東流合気柔術 東京稽古会  


今日はものすごく基本的なことですが、稽古するときにとても重要なポイントのお話しです。

大東流合気柔術では、相対稽古といって受けと捕りに分かれて稽古することが大半です。
最初に攻撃をしていく方が受け、その攻撃に対処して技をかける方が捕りです。


受け手の攻撃について


大東流の考え方では、初めに攻撃を仕掛けるということは、盤石の姿勢を崩すことである、と捉えます。
そのバランスの崩れに乗じて、自分を有利な立場に立たせ、相手を制していきます。

さて、その受け側の攻撃ですが、小手先だけで手を伸ばしたり、正面打ちをしたりということでは、有効な攻撃になりません。
それと同時に、今も書いたように、体勢の崩れ方も中途半端になってしまい、捕り手側の技が効いているか、検証できなくなるんですね。

短いですが、動画を見てください。





大東流合気柔術に限らず、古流の動きは「なんば」が基本です。

上半身を動かすときには、腰、下半身が連動して動かなければなりません。

つまり、右手で掴むときは右足で踏み込み、右の腰が出ることで右腕が出る。という基本の考えです。(状況によって、異なる動きに変化することもあります

これを行わずに、手だけを伸ばす、手だけで打つようなことをやっていると、攻撃としては効果的なものになりません。「小手先の動き」は、良くないものの代名詞です。


受け手の攻撃について2


全身を連動させ、「なんば」を意識して、有効な攻撃を行ってください。

そうすることで、技をかける捕り手側の稽古の効果も上がりますから。

Posted on 2018/06/28 Thu. 17:26 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  連動  重心 
tb: 0   cm: 0

其の百九十、真下に落とす 大東流合気柔術 東京稽古会  



このところ、自分の真ん中(中心)で操作することを連続して取り上げています。

これらは大東流合気柔術の基盤となる思考法ですので、当然、この考え方を適用した型が何通りも存在します。


真下に落とす4


前回(「縦に動かす」)は「一本捕」、前々回(「真ん中でとる」)は「手刀詰」といったように、相手からの攻撃法や捌き方は多種ありますが、「接点を中心で扱う」という点においては共通しているんですね。

今回の動きは「裏落」の基礎となる動きです。

動画を見ましょう。





相手が片方の手首を握ってきます。片手捕ですね。
このとき、自分の真ん中に手を保持したまま、相手とすれ違うように前に出ます。

握られた腕に力を入れては上手くいきません。
柔らかく腕を伸ばし、引っぱるのではなく、かといって力負けして曲げてしまうのでもなく、握られたその時のままの状態で前進します。


真下に落とす


最も難しいのはここです。

この「真ん中(中心)で操作する」ための要諦が、「脱力して芯を作る」というところにあることは何度も解説してきました。
この感覚を、稽古することでつかみましょう。

さて、真ん中に接点を保持したまま前進すると、相手の肘もまた、自分の中心付近にあると思います。
もう片方の手で手刀を作り、斬り落とすようにしてください。


真下に落とす3


このときに、相手を押し込むように手刀を操作するのではなく、自分の方に引き込むような意識で真下に落としましょう。
これも剣の理合いの一環です。

剣で斬り落とすときに、操作する手は身体から離れず、引き付けられるようになることを想像してください。

そうすることで、相手の体を自分の中心に保ったまま、固めに入ることが出来ます。


真下に落とす1


文による解説では、すこし複雑に思われるかもしれませんが、実際に稽古してみると、感覚的に理解できるはずです。




Posted on 2018/06/21 Thu. 20:47 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  剣の理合 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top